雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】InRed(インレッド)2020年7月号増刊号≪特別付録≫ ムーミンとリトルミイの買い物バッグ2個セット

2020年6月5日(金)発売のInRed(インレッド)2020年7月号セブンイレブン&セブンネットショッピング限定増刊号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」にてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。
InRed(インレッド)2020年7月号増刊号は付録違いでInRed(インレッド)2020年7月号も同日販売となっております。

ムーミンとリトルミイの買い物バッグ2個セットはどんな付録?

収納力のある大きめサイズのトートバッグとリトルミイが目を引くミニバッグの2個セット。
どちらもポケッタブルでコンパクトになり、軽量なのでバッグに常備しておくことができます。
大きいバッグは、荷物が多い時のサブバッグとして、ミニバッグは財布とスマホがしっかり入るサイズなので
ちょっとしたお出かけで重宝します。

セブンネットショップより

 

 

 

サイズ(約)
トートバッグ:高さ35.5×幅42×マチ13.5cm
ミニバッグ:高さ27.5×幅27×マチ11cm

セブンネットショップより

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

トートバッグ

B4カードケースが横向きに入りました。タテで入れると少しだけ頭が飛び出てしまいました。

また、2ℓのペットボトルが5本分入りました。

<実測サイズ>

タテ30cm ヨコ42cm マチ10.5○cm

ポケット14.5×12.5cm

持ち手・・・54cm

 

ミニバッグ

B5サイズのカードケースが、横向きに入りました。

また、2ℓのペットボトルは2本入れることができました。

 

<実測サイズ>

タテ22.5cm ヨコ28cm マチ10.5○cm

ポケット13×11.5cm

持ち手・・・48cm

 

付録の素材はなに?原産国は?

出版社様のご厚意でお譲りいただいたものなので、素材や原産国の表示はありませんでした。

 

付録素材を見た、触れた感じは?

 

二つとも同じ素材で、シャリシャリとした光沢のあるポリ素材です。

ハリがあり、子どものレインコートなどに使われている素材に似ているなと思いました。

レインコートに似ていたので、撥水効果が得られるかも、と思い、水を垂らしてみました。結果、思った通り、しっかりと水をはじいてくれました。

付録の品質はどう?

縫い目幅は約4㎜。まっすぐに縫製されています。パイピングも歪みなくされていました。

一箇所だけ、パイピングのフチ部分に糸がクシャッとなっている部分がありました。返し縫いの際、ちょっと気を抜いてしまったのでしょう。でも、裏面なので、あまり気にすることはありません。

付録を使ってみた感想は?

持ち手部分が✖縫いをして補強していないので、あまり重たいものを入れないほうがいいかもしれないと思いました。

というのは、トートバッグに2ℓ×5本の総重量10㎏の水を入れて持ち上げたところ、一瞬「ピッ」と、どこかで怪しい不明音が。。。2回持ち上げて2回とも不明音がしました。

そのため、安心して入れられた本数は、2ℓ×3本くらいでしょうか。これは、筆者の感覚によるものなので、何とも言えませんが。

ミニバッグのほうは、2ℓ×2本で問題ありませんでした。

トートバッグミニバッグともにポケット部分にスマホ程度は入りますが、ポケットに変な重みがかかってしまい、バランスが悪くなってしまうので、ポケットはバッグを収納するときのポケットとして使うのが正しい使い方だと思いました。

身長160㎝の筆者が持ってみて、トートバッグは、肩掛けでバッグの底部が太ももの付け根くらい、ちょうど良い持ち心地でした。

ミニバッグは、肩掛けだと底部が腰のあたりで、不格好なので、手持ちで持った方がいいです。腕にかけて膝の上10㎝くらいのところに底部分が来ました。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

なんと、コンビニでもレジ袋がこれから有料化するらしいです!

これからは、ちょっとのおでかけのときでも、ショッピングバッグはマストアイテム、もはや常識なのですね。

そんなこれからの新しい世の中でも、このムーミンとリトルミイの買い物バッグ2個セットなら、コンパクトに折りたためるので、バッグの中に入れておいて、いざという時にはサッと使えます。

筆者が特に気に入ったのは、リトルミイのミニバッグ。このサイズのショッピングバッグは、ちょっとコンビニまでドリンクやお菓子を買いに行くときに、持っていくのにぴったりなサイズです。

このサイズのショッピングバッグはなかなか市販品でも珍しいので、これから大活躍してくれそうな予感がします。

このムーミンとリトルミイの買い物バッグ2個セットを持っていれば、コンビニ・ドラッグストアでもレジ袋有料化が始まるという、新しい世界のどんな荒波でも、らくらく乗り越えてゆけそうです。

 

 

 

購入した付録つき雑誌/InRed(インレッド)2020年7月号増刊号

誌名 InRed(インレッド)2020年7月号増刊号
出版社 宝島社

定価: 1,164円 (税込:1,280円

2020年06月05日発売

セブンネットショップより