雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

otona MUSE(オトナミューズ) 2019年 4 月号<特別付録>Enasoluna(エナソルーナ)× 早坂香須子 ジュエリー&コスメポーチ【購入開封レビュー】

Enasoluna(エナソルーナ)× 早坂香須子 ジュエリー&コスメポーチはどんな付録?

 

ジュエリーが収納できる専用ホルダー付き!

特別付録

Enasoluna(エナソルーナ)×
早坂香須子

ジュエリー&コスメポーチ

サイズ(約)
H6.5×W19.5×D11.5cm

オトナミューズ│宝島社の雑誌より

 

 

 

「気分の上がるピンクに、2019年のラッキーカラーの赤がアクセント。ポーチの中は、エナソルーナのジュエリーボックスと同じライトブルー。(本誌p.135より)」

ポーチは2つに分かれていて、ひとつはジュエリーポーチとして使用できます。

スナップボタンをはずして、リングを通して収納できます。ピアスは穴にさしてしまうことが可能です。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

<ポーチ>

最大容量・・・300mlのペットボトルがすっぽりと1本入りました。

収納可能サイズ・・・A6サイズが横向きで入りましたが、入れる際に少しひっかかりました。

<ジュエリーポーチ側ポケット>

最大容量・・・ポケットテッシュが3つ収容できました。
収納可能サイズ・・・B7サイズが横向きで入りますが、マチがないため、押し込むようにして入れる必要があります。

 

<実測サイズ>

約タテ12cm ヨコ20cm マチ7.5cm

ポケット約17.5×9cm

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り ポリエステル 合金 鉄

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

ベロアのようにすべすべとした心地の良い感触で、表面はうっすらと起毛しています。ポーチの内部はしっとりとしたナイロン素材です。

裏地がついており、硬さと厚みがあるため、折り曲げられません。裏地はやわらかな光沢感があり、目地は細かめ。

ファスナーはツヤがなく、マットな着色です。

 

付録の品質はどう?

ミシン目は外側が約3mm、内側が約4mm。パイピングの糸が始末されていなかったり、縫い目がゆるんでいたりする箇所がありました。

見た目は少しいびつです。縫製の問題というよりも、パッケージ内で癖がついてしまったためのようです。

ロゴは、ガサガサとした糸で刺繍されています。

付録を使ってみた感想は?

筆者はピアスを開けておらず、手元にピアスがなかったため、代わりにイヤリングをはさんでとめてみたところ、綺麗に収まりました!

イヤリングは、いつのまにか失くしてしまったり、少し長さがあるものだと絡んでしまったりしがちなので、この収納方法は便利です。ただ、リングやピアス収納部分を本体に固定するためのスナップが固いため、力を入れなければかちっとボタンがとまりません。

また、リングの棒状になっている収納は、リングを出し入れする際に動いてしまうのでリング同士がぶつかってしまいます。

チャックは開閉の際、曲線部分で少しひっかかります。しかし取っ手が力を入れやすい形状をしているため、開け閉めはスムーズです。

ジュエリーポーチ側ではない、片方のポーチ部分は、仕切りやポケットがありません。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

指輪、ピアスそれぞれの収納場所が決まっているのが嬉しいです。見た目も機能性も◎

ちなみに筆者は、ネックレスはポーチのポケット部分に収納しました。ネックレス同士でからまったら嫌なので、筆者は小さなクリア収納ケースに個別でいれています。傷がついたら不安なリングやネックレスなどは、個別に袋にいれてからポケットに収納すると安心かもと思いました。

 

 

購入した付録つき雑誌/ムック

otona MUSE(オトナミューズ) 2019年 4 月号

【発売日】2019/2/28(木)

【出版社】宝島社

【価格】特別定価:1000円(税込)

オトナミューズ│宝島社の雑誌

[amazon_link asins=’B07N3S5L2W’ template=’ProductCarousel’ store=’6699-22′ marketplace=’JP’ link_id=’79bd7292-6cda-41c2-8ba4-846c56f4a6c1′]