雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

てれびくん2019年4月号<付録>リュウソウジャー 最強なりきりセット・仮面ライダーバトルカード【購入開封レビュー】

リュウソウジャー 最強なりきりセット・仮面ライダーバトルカードはどんな付録?

リュウソウレッドの超立体マスク、変身アイテムや武器までそろった、ごうかなりきり5点セット! 超立体的でカッコいい、5つのなりきりアイテムが手に入るのはてれびくんだけ!!

てれびくんで開さいした必殺技コンテストの大賞イラストがカードふろくに!
このカードでしか見られない、特別な必殺技は必見だ!!

最新号のしょうかい – 小学館「てれびくん」オフィシャルサイトより

リュウソウケンにツヨソウルをセットしたり

リュウソウチェンジャーにレッドリュウソウルをセットして遊ぶことができます。

原産国は?素材は?

原産国や素材表記の記載はありませんが、紙製です。ビニールコーティングが施されているので、ツヤがあります。

サイズはどれくらい?

マスク:A5ノート程度の大きさ

リュウソウケン:全長約52cm

ツヨソウル・レッドリュウソウル:A6メモ帳の短辺と同じ高さ

リュウソウチェンジャー:A6メモ帳に収まるサイズ

仮面ライダーバトルカード:縦8.6×横5.9cm(比較はiPhoneSE)

付録を使ってみた感想は?

「リュウソウジャー 最強なりきりセット」は「最強」「超立体」を謳っているだけあり、どのパーツも立体感にこだわりを感じる仕上がりです。

マスクはゴーグル部分が別パーツになっていることや、下部に切り込みを入れて組むことで、人の顔の形に近いよりリアルな立体感に。試しにかぶってみましたが、大人にはサイズは小さいものの、視界は良好です。

リュウのモチーフ部分に少し重さの偏りを感じましたが、リュウソウケン自体は全体的に軽いので、子どもが持つには問題ない重さ。

リュウのモチーフ部分は別パーツになっていますが、プラスチック製ののパイプでしっかり固定されているため、振り回しても外れることはありません。ただ紙製なので剣の先部分は強度が弱く、折れないように注意が必要です。

リュウのモチーフ部分は立体感があり、紙でここまで立体感を表現できるとは!と思わず感心せずにはいられません。口が開くギミックの動きまでスムーズ。ここまで凝った作りの付録、自分が男児なら大喜びで夢中になったでしょう。

リュウソウチェンジャーは大人の手でも少し大きいかな?と感じる作り。使いやすさを考えるなら一回り小さくても良かった気がします。

正面から見ると平面に見えるこのリュウソウチェンジャーですが、横から見ると実はウレタンスポンジ入り。こんなところまで立体感へこだわる姿勢に、企画側の本気を感じました。

ちなみにこの付録が良かったのは、立体感だけではありません。

  1. ビニールコーティングされたボール紙を使用しているので、普通のボール紙より丈夫
  2. 組み立て時にのりやテープなどの接着が一部を除いて不要
  3. 可動部分にはプラスティック製パーツが用いられ、補強されているので壊れにくい
  4. 輪ゴムまで付録と同梱されている

輪ゴムは別途準備する付録もあるなか、きちんと付属してある点は好感度大!接着が最小限にしてある(ツヨソウル・レッドリュウソウルの接着のみ!)のも、作る側への配慮なのでしょう。よって付録の作りやすさも「最強」です。

紙製の付録では可動部分が破損の原因になりやすいですが、プラスティック製パーツで補強されていることで長持ちが期待できるのも、親目線でも子ども目線でも嬉しいポイント。色々な視点で「最強」ななりきり付録だと思います。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

別に戦隊マニアでもなんでもない私でも、思わずうなってしまうクオリティの高さには脱帽!これ本当に紙製なんですよ?平たい紙からこんなカッコいいものが出来るなんて、大興奮です。

我が子はまだ戦隊を理解していないけれど、世代になったら大喜びしそうです。なんせ、意味わかっていなくてもリュウソウケンを持って楽しそうに振り回していましたから・・・

購入した付録つき雑誌/ムック

てれびくん2019年4月号

  • 2019年2月28日(木)ごろ発売
  • 特別定価890円(税込)

最新号のしょうかい – 小学館「てれびくん」オフィシャルサイトより