雑誌の付録をフラゲ開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

サライ 4月号<付録>風神雷神ミニ財布 【購入開封レビュー】

風神雷神ミニ財布はどんな付録?

「サライ・オリジナル 風神雷神財布

ポケットにすっと収まる極薄設計

小銭も入ってお出かけに重宝(本誌表紙より)」

「『光琳百図』(国会図書館蔵)を参考に『サライ』独自で図案化。連鼓を背負う雷神(上)と風袋を背負う風神を表と裏にあしらった。(本誌p.8より)」

「お札、小銭、カード、すべて入って小型軽量(本誌p.8より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

財布の中は、交通カード(A8サイズ)がすっぽり入るサイズ。お札は半分に折ると入ります。財布自体はB7サイズより少し小さめです。

チャックがしまり、収納できる最大容量はA8サイズのカード43枚。真ん中のポケットには、1円玉21枚、5円玉8枚、10円玉30枚、50円玉5枚、100円玉2枚、500円玉2枚、計68枚の硬貨が入りました。

お札、カード、小銭すべてをバランスよく目一杯入れて使用できる容量は、お札7枚、硬貨35枚、カード13枚ほどです。

<実測サイズ>

タテ 9.5cm ヨコ11.5cm 厚み1.5cm

小銭ポケット タテ7cm ヨコ9cm 厚み0.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PU合皮(本体)、亜鉛合金、PET(ファスナー)

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

柔らかく、しなやかな合皮素材。ザラザラ&ボコボコして、ヌメ感があります。ほどよいツヤが高級感を醸し出しています。

シャカシャカとした手触りのナイロン素材の裏地がついており、厚みが増しています。

小銭入れのポケットは、財布の表面とは異なる合皮素材でハリがあります。ポケットの裏側には起毛素材が使用されており、ふわふわとした手触り。

匂いはほぼ無臭です。

付録の品質はどう?

表のミシン目は3mm。裏地、小銭入れポケットも同じく3mm。縫い目はほぼ一定です。

ただ、曲線部分の縫い目がずれており、少し歪んでいます。

そのため、全体をよーく見るとややいびつな形に。チャック部分がめくれあがっています。

ほつれがあったり、糸が絡んでいたり、長い糸が飛び出ていたりする部分はありませんでした。

付録を使ってみた感想は?

開口部ががばっと開き、お札やカードなどの取り出しがしやいです。ファスナ-の開け閉めもスイスイ!

真ん中の小銭入れポケットは、7cmほどの深さがあるので、小銭を容量いっぱいに入れてしまうと、取り出しにくくなります。中にいれる小銭の量は、ポケットの長さ半分ほどにとどめておくと出し入れもスムーズだと思います。

小銭入れのポケットにファスナーがないため、持ち運びしている間に、小銭がお札やカードを入れる部分にはみでてぐちゃぐちゃになってしまうのでは?という点が心配でした。

そこで、お札やカード、小銭を入れた状態で、上下左右に20回以上ふってみました。すると小銭は飛び出ることなく、ポケット内にきちんと収まっていました。すごい!小銭ポケットの生地に厚みとハリがあるからからでしょうか。

ミニ財布なので「ポケットにスムーズに入るか」携帯性も調べてみました。手持ちのコート、スーツ、ズボンなどの服、計10着のポケットに入れて、出し入れが可能か、取り出しやすさをチェック。結果、すべてのポケットでスムーズな収納が可能でした。

ラウンドカーブになっている部分が掴みやすく、取り出しやすかったです。

カラーは真っ黒ではなくてややくすんだ黒色で、裏地も深いエメラルドグリーン。色使いにも品があります。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

私には少し渋いかなと思ったのですが、実物を見たら落ち着いたデザインで気に入りました!コンパクトなのに、容量も入り、出し入れしやすさでポイントアップです。躍動感のある風神雷神さまの絵も目立ちすぎず、さりげなくて素敵。手ぶらでのおでかけや、買いものに利用したいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

【発売日】3/9 土曜日
【雑誌名】サライ
【出版社】小学館
【価格】880円税込み
【付録】風神雷神ミニ財布

[amazon_link asins=’B07NRF9SN4′ template=’ProductCarousel’ store=’6699-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8121ea10-aed2-4bcc-8937-b3bade710a2b’]