雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【発売前レビュー】Mono Master (モノマスター) 2019年 05月号《特別付録》ナノ・ユニバース おしゃれルーペメガネ2本セット

ナノ・ユニバース おしゃれルーペメガネ2本セットはどんな付録?

ナノ・ユニバースの
ルーペメガネ2本セット
小さい文字を読むときや細かい作業を行うときに使い分けられる拡大鏡

スクエアフレーム:拡大率1.4倍
ピントを合わせやすい倍率設定で、オンオフ使える万能タイプ。掛けると落ち着いた印象を与える
極細フレーム:拡大率1.6倍

もっと大きく字を読みたい場合や、細かい作業をするのに最適な一本。柔らかい印象を演出する

※老眼鏡ではありません

次号予告│MonoMaster(モノマスター)│宝島社の雑誌より


原産国は?素材は?

<素材表記> フレーム:ポリカーボネート/レンズ:アクリル樹脂

<製造国> MADE IN CHINA


サイズはどれくらい?

横幅は官製はがきに収まるくらいのサイズです。

スクエアフレームより極細フレームの方がレンズ面が小さく、スクエアフレームの約2/3の大きさになっています。

付録を使ってみた感想は?

CMでも話題の拡大鏡、初めて使うのでどんな風に見えるのだろうとワクワクしながらかけてみました。かけてみた印象は「手元にピントが合いやすくなる」という感じ。

個人的にはどちらのフレームも「文字が大きくなった」とは感じにくく、「文字がクリアに見えるようになった」という表現のほうがしっくりくる感じです。文字の大きさの違いがわかりにくいのは、私が老眼ではないからかもしれませんが・・・

手元にピントが合いやすい分、遠くは想像以上にぼやけやすいので完全に近距離用です。使う人はいないかと思いますが、外出時には使えません。

どちらのフレームも軽いので、かけていることが負担に感じるようなことはありませんでした。レンズ面が小さいフレームは視界が狭く感じられ苦手意識があるため、私はスクエアフレームのほうが好みです。

スクエアフレームはマットで落ち着いた質感。重さは20gです。

極細フレームはツヤっとした光沢が上品な質感。重さは15gです。かける際に、フレームが華奢なので曲がらないかヒヤヒヤしましたが大丈夫でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

この価格で拡大鏡が2本も付いてくること自体、すでにお得ではないでしょうか。拡大率が違うのでシーンによって使い分けたり、夫婦で1本ずつシェアして使うのも素敵です。ハ◯キルーペが気になっているなら、お試しで購入してみるのもアリかも。

購入した付録つき雑誌/ムック

Mono Master (モノマスター) 2019年 05月号
宝島社

発売日:2019年3月25日(月)
特別定価:1200円(税込)

次号予告│MonoMaster(モノマスター)│宝島社の雑誌より