雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

HugMug(ハグマグ) Vol.27《特別付録》SHIPS×HugMug(シップス×ハグマグ)親子で使える!PVCサコッシュ【購入開封レビュー】

 

SHIPS×HugMug 親子で使える!PVCサコッシュはどんな付録?

クリアなPVC素材が涼しげな、ママと子ども兼用で使えるサコッシュ。
ブルーのボディやスポーティなショルダーが、街でもアウトドアでもお似合い。
バッグの中身が透けるから、お気に入りの「わたしのもの=mine」を詰めて、見せるスタイルを楽しんで。

HugMug最新号の特別付録 | mercidays by HugMugより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

<実測サイズ>
縦17㎝×横17㎝(約)
紐の長さは約55㎝(最大)

官製はがきが横向きにも縦向きにもぴったり入るサイズです。
ただし、縦向きに入れた際、ボタンは閉まりません。

24㎝×20㎝のハンドタオルを3枚分だと、ボタンを閉めて使用できました。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>バッグ本体/PVC(ポリ塩化ビニール)、ボタン/ポリアセタール、ストラップ/ポリエステル、ネーム/ポリエステル、ハトメ/スチール、アジャスター/ポリアセタール

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

つるつるとした手触りで薄くてやわらかく、浮き輪のような素材です。
最初開封したときに、ビニール臭がしましたが、1時間たつと、鼻を近づけたときにわかる程度になりました。

直径1㎝ほどのプラスナップがついており、サコッシュの上部を閉じることができます。

紐の太さは0.5㎝ほどで、しなやかな優しい肌当たりの素材です。
プラスチックのコードストッパーがついているので、ご自身やお子様のサイズに合わせて使用可能です。

付録の品質はどう?

縫い幅は1~3mm間隔で、一定にそろっていませんでした。

表面と裏面の接合部分は二重に丈夫に縫われています。
糸の始末はやや甘めで、糸がとび出している箇所がありました。

内側の下部分はやや縫いつれていました。
クリア素材なので、少し目立ちます。

付録を使ってみた感想は?

1歳半の息子と公園に行く際、タオル1枚とスマートフォン(iPhoneSE)を入れて使用してみました。
154㎝の私がストラップの長さを最大にして使用して、足の付け根あたりの長さです。

ボタン1つで開け閉めできるので、タオルがさっと出せるので便利でした。
しかし…子供と遊ぶ最中にボタンの横からスマートフォンがすり抜け、落ちてしまいました。

ボタンは開け閉めする際、やや硬めだなと感じました。
コードストッパーは引っ掛かりなく、スムーズに動かせます。
帰宅して気づいたのですが、どうやらスマートフォンを出し入れする際に中でひっかけたようで、少しへこみ傷が入ってしまいました。

この付録、アリ?ナシ?

う~ん・・・

ボタンの硬さが大人が使用する分には気になりませんが、「親子で使える」とのことでしたので、子供にはやや硬いのでは…?と感じました。
ファスナータイプにするなど、物が落ちにくい工夫が欲しかったです。

見た目はシンプルなビニール素材ということもあり、これからの季節にぴったりでかわいいなと思いました。

購入した付録つき雑誌/ムック

HugMug(ハグマグ)Vol.27
価格:690円
世界文化社