雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

Marisol(マリソル)2019年5月号《特別付録》DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)ランチバッグ&カトラリーポーチ2個セット【開封購入レビュー】

DEAN&DELUCA ランチバッグ&カトラリーポーチ2個セットはどんな付録?

「昨年5月号で大人気の付録がマリソル限定で再登場。今年のカラーは汚れも目立ちにくいグレーです。素材はナチュラルな風合いのキャンバス。

ランチバッグは大きめマチ付きだから、サンドイッチやお弁当箱もすっぽり収まります。
カトラリーケースはフォークやお箸を収納できます。
多忙なマリソル世代は、購入したサンドイッチやデリをそのまま詰めて使うのもおすすめ。

サイズ(約)
ランチバッグ: 縦16.5×横16.5×マチ10㎝
カトラリーケース: 縦4.5×横22㎝(マチなし)

(本誌表紙/本誌p.20~21より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ランチバッグはB6サイズが縦向きに入ります。

カトラリーポーチはA6サイズと同じ横幅。

内寸は写真の割り箸(長さ20.5cm)がギリギリ入るサイズ感。コンビニ等でもらえる袋に入った割り箸はそのままでは入らず、両端を折りたたむ必要があります。

目一杯はいりそうな容量は350mLペットボトル2本分です。

<実測サイズ>

ランチバッグ・・・タテ16.5cm ヨコ17cm 底面9.5cm

カトラリーポーチ・・・タテ5cm ヨコ21.5cm

予告と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿、PP不織布、ポリエステル、亜鉛合金

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

ランチバッグ・カトラリーポーチともに6〜8オンスくらいのキャンバス地で、裏地はありません。目が細かめの生地で凹凸は少なめ。ロゴはプリント仕様です。

厚地というほどではありませんが、ハリのある質感なのでランチバッグは自立します。

付録の品質はどう?

ランチバッグの縫い目幅は2ミリ間隔と既製品に比べて細かめですが、チャック部分のみ曲がっている箇所が目立ち、直線とはいえない状況でした。

パイピングは直線できれいに縫製されているものの、一部糸のカットが未処理。返し縫いで始末されておりほつれはないので、カットすれば問題なく使える範囲です。

カトラリーポーチは縫製は整っているのですが、中のパイピングが邪魔をして、チャックを最後まで閉められず。パイピングを押し込みながら閉めても閉めきれませんでした。使っていくうちに馴染んで閉められるようになると良いのですが・・・

付録を使ってみた感想は?

ランチバッグは予告の印象で結構大きめサイズを想像していたのですが、開封してみたら想像以上にコンパクト。本当にお弁当箱入るかな?と一瞬心配になるほど。

そこでランチバッグの予告にあった通り、サンドイッチなどが詰められるか試してみることに。(仕入先は全てコンビニで、おしゃれなデリではありませんが・・・)タマゴサンド・野菜ジュース・おやつのドーナツまで収まりました。

お弁当箱はサイズにもよりますが、小型の2段のお弁当箱(サイズ:約タテ9.5×ヨコ13×高さ7cm)と、フルーツなどを入れるのにちょうど良いタッパー(サイズ:約タテ9×ヨコ13×高さ4.5cm)も余裕で収まります。

350mLペットボトル1本と、タッパーの組み合わせでも収納可能。大きめマチのおかげで想像以上に収納力があり、中に入れるものの選択肢が多いのが嬉しいです。

チャック部分の縫製は気になる仕上がりであったものの、チャックの開閉は問題なく動きはスムーズ。マチが大きくガバッと開けられるポーチなので、お弁当もタッパーも平らな状態で出し入れができました。見た目もDEAN&DELUCAでそのまま陳列されて売ってそうなデザインで使い勝手も良いだけに、縫製の仕上がりが惜しい・・・

カトラリーケースは割り箸、袋入りのスプーン、おしぼりを一緒に収納することができます。私の入手分は予告より横幅が短めだったため、ケース付きのお箸を収納するのは難しいサイズ感。お箸に関しては使い捨ての割り箸のみの使用にするか、お弁当用の折りたたみ可能な箸などの短めの箸を入手するしかなさそうです。

ちなみにこのカトラリーケース、コンパクトなペンケースとしてもぴったり。未使用の鉛筆(長さ18cm) が丸ごと入るサイズ感なので、個人的にはペンケースとして使う方が使い勝手が良いと感じてしまいました。見た目も「実はカトラリーケース・・・」と言わなければわからないデザインなので、こんな使いかたもアリではないでしょうか。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

おしゃれなデリを収納すればサマになるのはもちろんですが、コンビニランチであってもこのバッグに収納すると、ちょっと贅沢な気分になれそうと思うのは私だけ?このランチバッグならデスクに置いても気にならないし、味気ないレジ袋に入れておくより気分も上がりそう。縫製は少しイマイチな点はありましたが、使用に影響はないので目をつむります。

購入した付録つき雑誌/ムック

Marisol(マリソル)2019年5月号

発売日:2019年4月5日(金)
価格:980円
集英社