雑誌の付録を開封レビューでご紹介

【発売前レビュー】sweet(スウィート)2019年5月号《特別付録》スナイデル 美人ポーチ4姉妹

2019年4月12日(金)発売のsweet(スウィート)2019年5月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品のため、発売後の商品と違いが出る場合がありますのでご了承ください

スナイデル 美人ポーチ4姉妹はどんな付録?

SNIDEL(スナイデル)美女ポーチ4姉妹!

1:花柄ポーチ
2:ロゴポーチ(大)
3.4:ロゴポーチ(小)×2

サイズ(約)
1:タテ17.5×ヨコ23.5×マチ7.5cm
2:タテ16×ヨコ22.5cm
3.4:タテ11×ヨコ16.5×マチ2.5cm

※付録の色みは変更になる場合があります

sweet次号予告 | 宝島社より

sweet2019年4月号で特別付録として予告があった「sweet(スウィート)2019年5月号《特別付録》スナイデル 美人ポーチ4姉妹」。

SNIDELのピンクのロゴが入った袋に覆われたほぼB5サイズの箱に、4つのポーチが入っていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

花柄ポーチ
A5とB7サイズのケースがすっぽりと入ります。

ロゴポーチ(大)
A5サイズのケースぴったり入りました。

ロゴポーチ(小)×2(同じ大きさ)
A6ケースをヨコ向きに入れるとヨコはピッタリですが、タテが余ってしまいました。
B7サイズのファイルはヨコが余りますが、タテはすっぽりと入ります。

最大容量は花柄ポーチに、500mlのペットボトルが5本入りました。

ロゴポーチ(大)には、たたんだフェイスタオル(32cm×78cm)が3枚。

ロゴポーチ(小)には、くるくる丸めたフェイスタオル(32cm×78cm)が2枚入ります。

 

<実測サイズ>

花柄ポーチ タテ18cm ヨコ23cm 底面8cm 約108g
ロゴポーチ(大)タテ16cm ヨコ22.5cm 約39g
ロゴポーチ(小)×2(同じ大きさ)タテ10.5cm ヨコ17.5cm 底面3cm 約33g

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り、ポリエステル、合金

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

全ポーチの表側は、しっとりした手触りのポリエステル。まるで生地が厚めのエコバッグのようでした。

花柄ポーチの裏地は、やわらかい手触りで、フェルトより薄くしっとりした布がとして使われていました。
生地を触っていると、やわらかいためか、小さい毛玉がポツポツと出てきました。

ロゴポーチ(大)の裏地は、サテンのような薄い生地。シャカシャカとしたウィンドブレーカーのような手触りです。

ロゴポーチ(小)のみ裏地がなく、PVC加工が施されてます。ポリエステルのさらっとした手触りがしました。

全ポーチの布端は、ビニール素材のパイピングで始末されていました。

付録の品質はどう?

全ポーチ共通でお店で販売している製品よりも粗い縫い目。付録らしい品質に感じました。

縫い目幅の実測は、表側は4ミリ間隔、パイピングは5ミリ間隔。大きさは一定に揃っています。

花柄ポーチロゴポーチ(小)には、全体的に歪みは見られませんでしたが、ロゴポーチ(大)は、ファスナー止まりの1.5cm下ぐらいが少し出ていて、歪みが見られました。また、ファスナー部分の閉じた先端がしっかり閉まりませんでした。

付録を使ってみた感想は?

各ポーチにある開口部のファスナーを10回以上ずつ開け閉めしてみたところ、ひっかかることなくスムーズでした。快適です。

ハンドル付きの花柄ポーチに、500mlのペットボトル3本(約1.5kg)を入れてもちあげると、ミシンでとめてある持ち手と本体の接合部がかなりひっぱられました。花柄ポーチに入れられる重さは1キロ目安でしょう。

全ポーチの外側からは嫌な匂いはありませんでしたが、鼻をポーチの中に入れるとロゴポーチ(小)にビニールのような匂いが感じられました。

この付録、アリ?ナシ?

花柄ポーチの中に、ほかのポーチがぴったりおさまるので必要なものを分けて入れることができて便利です。
たとえば、メイク用品・ヘアケア用品・メモや手帳など、各ポーチに入れておけます。

それぞれのポーチを単独で使えるので、どんなシーンでも重宝しそうです。

以上、sweet(スウィート)2019年5月号《特別付録》スナイデル 美人ポーチ4姉妹のご紹介でした。

sweet(スウィート)2019年5月号《特別付録》スナイデル 美人ポーチ4姉妹
発売日:2019年4月12日(金)
価格:1050円
宝島社

Bitnami