雑誌の付録を開封レビューでご紹介

moz WIDE-OPEN BACKPACK BOOK《付録》ワイドオープンバックパック【開封購入レビュー】

moz(モズ)ワイドオープンバックパックはどんな付録?

★北欧ブランド「moz(モズ)」
から、大容量のがま口リュックが新登場★

使い勝手がシリーズ最高レベル!
シーンを選ばずお使いいただける、
ベーシックな男女兼用デザインのパックパック。

…*.*.*…気になるポイントをご紹介…*.*.*…

○大人気アイコン“ヘラジカ”タグをON
●口金入りでガバッと“フルオープン可能”
○男女兼用できるサイズ&デザイン
●がしがし使える“厚手生地”
○一泊旅行に最適な“大容量設計”
●よく取り出すものの収納に便利な“外ポケット”
○500mLペットボトルがすっぽり入る
“サイドポケット(2ヵ所)”
●フィット感を調節できる“アジャスター”
○文庫本を収納できる“内ポケット”
●トートバッグとしても使える“2WAY仕様”
○開閉ラクラクな“ダブルジップ”

SIZE(約):H40×W27×D17cm

moz(R) WIDE-OPEN BACKPACK BOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

リュック本体にはB4サイズノートが縦向きで入ります。

内ポケットと外ポケットは、どちらもA5ノートサイズ。内ポケットは縦方向、外ポケットは横方向に収納可能です。

左右にあるサイドポケットは、500mLのペットボトルがすっぽり収まります。

目一杯はいりそうな容量は1.5Lペットボトル6本分という大容量。両サイドポケットに500mLペットボトルを入れる場合は、1.5Lペットボトル4本程度になります。

<実測サイズ>

タテ39cm ヨコ26.5cm マチ16cm

公式よりやや小さめの仕上がりでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、PP、POM、ナイロン、合金、PVC

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

表地は綿のような織りのポリエステル生地。パリパリ感がある硬めの生地で、6〜8オンスのキャンバス地くらいの厚みを感じます。

裏地も綿のような織りのポリエステル生地。ポーチの裏地に使用されているようなペラペラ感はなく、シャリ感も少なめです。

気になるほどではありませんが、独特の臭いがあります。

付録の品質はどう?

ミシン目は3mm間隔の縫製が中心です。持ち手とリュック本体の接着部分など、対荷重に影響する箇所は2mm間隔、内ポケットやパイピングなどの対荷重に影響しない場所は4mm間隔と、場所ごとに縫製間隔が調整されていました。

パイピングはほつれの出ないPVC生地を使用し、端が出ないよう開口部の折り込みに入れて縫製されているので、見た目もきれいです。

 

持ち手の一部に糸のカットがされていない箇所があったものの、縫いツレや形の歪みなどの大きな縫製不良は見当たりませんでした。

付録を使ってみた感想は?

1.5Lペットボトルが6本も入る驚きの大容量のこのリュック、気になるのは対荷重です。そこで両サイドに500mLペットボトル、中に1.5Lペットボトル4本入れた状態で持ち上げてみました。

公式情報の対荷重5kgに対して、収納したペットボトルの合計重量は約7kg。2kgオーバーでもこの程度の変形であれば、かなりしっかり作られていると判断できます。公式情報の対荷重5kgは余裕で対応可能といえるでしょう。

ちなみに背負えるかも試しましたが、重さが左右に分散されるので楽に背負えました。さすがはリュック!

ちょうど外出の予定があったため、試しに半日ほどマザーズリュックとして使用してみることに。背負ったときは生地のパリパリ感と、肩ベルトのクッションが少なめなのか薄いのが気になっていましたが、実際に使ってみると心配していたほど不便は感じませんでした。

むしろ大容量なので普段の荷物が余裕で収まるのはもちろん、買い物で増えた荷物も収納できることや、がま口タイプの開口と裏地がグレーになっていることで荷物が見やすいのも良かったです。中で荷物が迷子になりやすいのは大きめカバンのあるあるですが、特に私は黒い財布を使っているため助かりました。

何より目が離せない子どもを連れての外出は、とにかく身軽が重要!なので、たくさんの荷物を持ち歩いても両手が開けられるのは嬉しいです。

ひとつ気になったのは、背中にクッションがないためか、内ポケットにものを入れると背中に当たって気になってしまうところ。私は財布を入れていたのですが背中が痛くなってしまい、結局内ポケットから財布を出すことに・・・

内ポケットにものを入れるときは、背中に不快感がないものを選んだほうが良さそうです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

B4サイズもすっぽり収まる大容量リュックは使い道が豊富。子どもとのお出かけはもちろん、1泊程度の小旅行はこのリュックでOKそう。かさばる紙おむつもたくさん入りそうなので、子どもを連れての旅行にはこのリュックで行きたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

moz WIDE-OPEN BACKPACK BOOK

発売日:2019年3月30日
価格:本体2,019円+税
宝島社

moz(R) WIDE-OPEN BACKPACK BOOK│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

Bitnami