雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】InRed(インレッド)2019年6月号《特別付録》「スヌーピー」たためる保冷トート&ロールペーパーケース

2019年5月7日(火)発売のInRed(インレッド)2019年6月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがある可能性も。その点は大目にみていただけると助かります。

「スヌーピー」たためる保冷トート&ロールペーパーケースはどんな付録?

毎日のおでかけに役立つ大容量保冷バッグと、アウトドアや車内など、様々なシーンで使えるロールペーパーケースの2点セットです。
保冷バッグは薄手の素材なので、折りたたんでメインバッグに収納もできるし、サブバッグとしても重宝。保冷剤が入れられるメッシュポケット付き。
コミック柄のロールペーパーケースは、車のヘッドレストやベビーカーのバー部分に、装着できる仕様で便利です。

InRed(インレッド)│宝島社の女性ファッション誌より

2019年5月号で予告があった「InRed(インレッド)2019年6月号《特別付録》「スヌーピー」たためる保冷トート&ロールペーパーケース」。

届いた箱のサイズはほぼA5サイズと、付録のボリュームに対して小さめの印象。トートは6つ折り、ロールペーパーケースは2つ折りで、コンパクトに収納されていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

保冷トートバッグ・・・A4サイズノートがヨコ向きで入ります。

内ポケット・・・ポケットティッシュがヨコ向きで入ります。

ロールペーパーケース・・・ダブルのトイレットペーパー(長さ30m)がぴったり入ります。

保冷バッグに目一杯はいりそうな容量は1.5mLペットボトル3本分です。

<実測サイズ>

保冷トートバッグ:タテ25×ヨコ38×底面13cm
ロールペーパーケース:直径11×高さ12cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り、合金、鉄

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

トートバッグの表地はツルツルしたポリエステルで、落ち着いた光沢があります。私物のエコバック(生地が薄手でペラペラのもの)よりはやや厚地で、パリパリした質感です。スヌーピーのタグは織りでデザインが入っています。

裏地は表地より薄手のポリエステルを使用し、銀色にコーティングされています。こちらは柔らかな触り心地。色の影響もあり、表地に比べると光沢が強いです。

ロールペーパーケースの表地はポリエステルですが、コットンのような見た目。光沢はなくマットな質感です。

裏はPVCコーティングされているため、ツルツルしています。適度な硬さがあるため、自立するほどしっかりとした生地です。トートもペーパーケースも、気になる臭いは感じませんでした。

付録の品質はどう?

トートバッグ、ロールペーパーケースともに縫製幅は3mmと既製品並みの仕上がりです。どちらも縫製の歪みや縫いツレなどによる変形や、糸がカットされていないなどの不良はみられませんでした。トートバッグは持ち手部分にラウンドカーブがありますが、形に沿ってきれいに縫製されています。

トートバッグのパイピングは切りっぱなしですが、ほつれのない生地を使用しているため気にならなかったです。

ロールペーパーケースのパイピングは一部ポリエステル生地でしたが、生地のほつれもなくきれいに始末されていました。

付録を使ってみた感想は?

・保冷トートバック
身長161cmの肩にかけてみると、ちょうど脇の下にバッグの開口部が、腰骨にバッグの底面がくるサイズ感。肩紐が長すぎないので、肩にかけても手で持っても持ちやすいです。

最大容量である1.5Lペットボトルを3本入れて持ち上げてみましたが、手への食い込みが少なく思った以上に楽に持ち上げることができました。キャンバス地のトートバッグに比べると薄いので、正直強度はあまり期待していなかったのですが、これは嬉しい誤算。重い荷物も安心して入れられそうです。

持ち手部分の幅広さと、パイピングがあることで手への当たりが柔らか。持ち手の生地が二重で丈夫なことも、重みによる手への食い込みが軽減され持ちやすさに繋がっていると感じます。

保冷効果は、表地と裏地の間に断熱効果のあるスポンジなどが入っている仕様ではないため、長時間の保冷は期待できないように感じます。銀色の裏地で遮熱に配慮されているものの、バッグのカラーが濃色で光を吸収しやすい色であることも懸念事項。個人的に1時間程度が限度ではと考えています。

・ロールペーパーケース
ロールペーパーケースは底面からペーパーを入れる仕様。縫製の歪みがないため、チャックの開閉時にぺーパーやパイピングが噛むこともなく、スムーズに開け閉めすることができました。使用前に芯は抜いておく必要があります。

上部の穴(直径約2.5cm)から紙の端を引っ張って使う仕様です。指の入れづらさもなく、スルスルと簡単に引き出すことができました。このスルスル感が気持ち良く、病みつきになりそう。

ベルト部分は直径4cmあり、好きなところに取り付けが可能です。試しにベビーカーのハンドル(太さ12cm)に巻いてみたところ、ぴったりの長さでした。ベビーカーにつけても違和感がないデザインで、おしゃれにロールペーパーを持ち運ぶことができるのが嬉しい。ベビーカーも悪くないですが、我が家では車の中でティッシュが必要になることが多いので、車のヘッドレストにつけて使いたいです。

どちらも普段使いはもちろん、レジャーやアウトドアが増えるこれからの時期にもぴったりのアイテム。いろいろな場所に持ち歩いて活用したいです。

以上、InRed(インレッド)2019年6月号《特別付録》「スヌーピー」たためる保冷トート&ロールペーパーケースのご紹介でした。

InRed 2019年6月号

発売日:2019年5月7日(火)
表紙:木村文乃
宝島社