雑誌の付録をフラゲ開封レビューでご紹介
開封レビュー

Pacific DRIVE-IN(パシフィックドライブイン)2WAYショルダーバッグBOOK【購入開封レビュー】

Pacific DRIVE-IN(パシフィックドライブイン)2WAYショルダーバッグはどんな付録?

Pacific DRIVE-IN(パシフィックドライブイン)
鎌倉・七里ヶ浜のカフェ、初のオフィシャルブック。

トートとショルダーの2WAYで使えるキャンバスバッグ付き。

Pacific DRIVE-IN 2WAYショルダーバッグBOOK|宝島CHANNELより

SIZE(約):H38×W46×D11cm
ストラップの長さ 88cm

深さ約29cmもある2つの外ポケットは11インチのタブレットやA4サイズのノートも入る

Pacific DRIVE-IN 2WAYショルダーバッグBOOK|宝島CHANNELより

 

「フロントにユーモラスなイラストとロゴが入った2wayショルダーバッグが完成。
10オンスの混紡キャンバスを使用しているのでガシガシ使える!(本誌p.8より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体にはB4のケースが横サイズがすっぽりと入り、マチにはB8サイズのタテが収まりました。
内ポケットにはB6サイズが横向きに入り、頭部分が少し出ています。

外ポケットは2つ同じサイズがついています。
A4サイズがタテ向きでぴったりと入り頭が出ました。
B5サイズなら、タテ向きで入れるとヨコ幅は余りますが、タテの長さはぴったりです。

2リットルのペットボトルが6本と500mlが1本が最大容量です。

<実測サイズ>
タテ38cm ヨコ45.5cm マチ11cm 内ポケット11.8×18.5cm 外ポケット(2個)28×24.5cm

ショルダーストラップ 全長88cm 幅4cm
ベルト 全長26.5cm 幅2.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿とポリエステルの混紡 PVC

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

10オンスの混紡キャンバス地は、触れるとハリがあり、しゃきっとしています。
綿の柔らかさではなく、キャンバス地のザラザラとした硬さが感じられました。

ロゴやマークは布地にプリントされています。

匂いは酸っぱいような独特な匂いが、鼻を近づけると漂ってきます。10cmほど遠ざけると匂いはなくなりました。

付録の品質はどう?

ミシンの縫い目幅は4ミリ間隔で大きさは一定に揃っています。手持ちのトートバッグも4ミリ間隔だったので、既製品同様といえます。

糸の始末などはとても綺麗で、気になることはありませんでしが、バイアステープにツレがありました。

パイピングされた生地の倒しが上と下では左右逆のため、途中ねじれている部分があります。

付録を使ってみた感想は?

開口部は、ぱかっと開くので、奥まで見渡すことができバッグに入っている荷物が見やすいです。

■3wayでのサイズ感
斜めにかけると身長163cmの私の腰部分にバッグの開口部があり、太ももの半分あたりに底面がありました。
ショルダーとしてまっすぐに肩にかけると、おへそのあたりに開口部があり、膝上に底面があたります。
ベルトを持って、トートバッグで使うと、手を伸ばしたときの開口部は膝上で底面はふくらはぎの下でした。

■水をかけてみると・・
水を手で少しかけてみましたが、水をはじくことなく布に沁み込みました。放っておくと、約30分後に乾きました。

■耐荷重性について
2リットルのペットボトル4本(約8kg)を入れて持ちあげると、ショルダーバッグの持ち手の付け根が伸びていましたので、これ以上の重さは避けたほうがよさそうです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

「ガシガシ」使うとどんどん味が出そうな、夏らしい素材のバッグ。
ロゴやイラストはとても可愛いく、おしゃれ。たくさんモノが入るような大きさも嬉しいです。
これからの季節、初夏から夏にかけて買い物のお伴に使いたいなと思っています。

購入した付録つき雑誌/ムック

Pacific DRIVE-IN 2WAYショルダーバッグBOOK

発売日:2019年5月16日(木)
価格:本体1980円+税
宝島社