雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】sweet(スウィート)2019年7月号《特別付録》nano・universe(ナノ・ユニバース)特製スヌーピーの親子トート

2019年6月12日(水)発売のsweet(スウィート)2019年7月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

nano・universe(ナノ・ユニバース)特製スヌーピーの親子トートはどんな付録?

sweet7月号の付録はスヌーピーの親子トート!スヌーピーのイラストが入ったトートはショルダーバッグとしても使えるとしても使える2WAY仕様。長財布も入っちゃうサイズでとっても便利。ミニトートには親友のウッドストックのイラストがプリントされているよ♡

宝島チャンネルより

・2WAYトートバッグ サイズ(約):縦18×横29×マチ11×ストラップ116㎝
ミニトートバッグ サイズ(約):縦7㎝×横10㎝×マチ3㎝

宝島チャンネルより

届いた箱のサイズはA5サイズよりやや横長。トートバッグと同じデザインのスヌーピーが描かれたパッケージです。

開封すると、下から2WAYトート(二つ折り)、ミニトートの順に重ねて梱包されていました。ストラップは折りたたんで収納されています。

ミニトートはナスカン付きで、トートバッグにつけることができます。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

・2WAYトート
A5ノートが横位置で入ります。私物の長財布(タテ9×ヨコ20cm)を入れてみたところ、「長財布も入る」という公式情報通り縦でも横でもすっぽり収めることができました。

内ポケット・・・A6ノートがタテ向きで入ります。

外ポケット・・・ポケットティッシュがタテ向きで入ります。

最大容量は500mLペットボトル5本分です。

・ミニトート
ファスナーポケットと裏ポケットは全て交通系ICカードが入るサイズ感です。

最大容量は二つ折りしたポケットティッシュ1個です。また表面のポケット3箇所には直径cmのリップが1本ずつ入ります。

<実測サイズ>
2WAYトート:タテ19×ヨコ29×底面13cm
ストラップ:最短61cm 最長119cm

ミニトート:タテ8×ヨコ11.5×底面4cm

公式情報よりやや大きめの仕上がりでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿ポリエステルの混紡、鉄、合金

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

ざっくりとした織り目のキャンバス地で、ざらっとした手触り。8オンスくらいの厚みがあり、硬くはありませんが、自立するくらいのコシ・ハリがあります。スヌーピーのデザインはシルク印刷です。特に気になる臭いは感じませんでした。

2WAYトート・ミニトートとも同じ生地で、どちらも裏地がない仕様です。

付録の品質はどう?

目立つ形状の歪み・糸のほつれや飛び出しも見られず、きれいな仕上がりでした。

2WAYトートは縫い目の幅が既製品並みの3mm、ミニトートは既製品よりやや大きめの4mmで、どちらも縫製はまっすぐに整っています。

付録を使ってみた感想は?

・2WAYトート
トートバッグ

肩かけしたとき、バッグ底が太ももの中央までくるくらいのサイズ感です。

ショルダーバッグ

ショルダーストラップは幅1cmと細めタイプで、調整は生地が重なった厚みや滑りの悪さでやや手間がかかりました。

身長161cmの私が斜めがけするために、ストラップの長さを100cm前後に調整するとちょうどよかったです。

耐荷重性

2.5kgまで余裕、ただしショルダーストラップの食い込みが気になりはじめるのは1.5kgを過ぎるころからです。

・ミニトート
ナスカンは適度な弾力があり、緩みなくしっかり留まりました。ミニトートをチャームにする場合、表と裏のポケットにものを入れると中身が飛び出してきます。

・2点共通
ファスナーの動きがスムーズでした。

スヌーピーがかわいいので、それだけでも欲しくなりますが、最大容量は500mLペットボトル5本分という、見た目以上の収納力があるのも魅力的。かわいさと実用性を兼ね備えたアイテムだと思います。

以上、sweet(スウィート)2019年7月号《特別付録》nano・universe(ナノ・ユニバース)特製スヌーピーの親子トートのご紹介でした。

sweet 2019年7月号

発売日:2019年6月12日(水)
価格:1,000円
宝島社