雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】MonoMaster(モノマスター)2019年8月号《特別付録》タケオキクチの2通り使える貴重品収納ポーチ

2019年6月25日(火)発売のMonoMaster(モノマスター)2019年8月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

タケオキクチの2通り使える貴重品収納ポーチはどんな付録?

スマートフォンやお金、カード、鍵、ペンetc.
貴重品をコンパクトに収納してこれひとつで持ち歩ける!

宝島チャンネルより

サイズ(約):タテ16.5×ヨコ10cm ショルダーストラップの長さ(約):65〜126cm

宝島チャンネルより

届いた箱のサイズはA5サイズよりやや横長サイズ。

ポーチと折りたたんだショルダーベルトが、箱ぴったりに収納されていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

カードケース・・・ポケット1カ所あたり、交通系ICカード等の厚めのカードは1枚、QUOカードなどの薄手のカードは2枚入ります

札入れ兼ポケット・・・パスポートがちょうどおさまるサイズ

小銭入れ・・・最大で500円玉20枚入ります

携帯電話ポケット・・・スマートフォンがちょうど入ります(写真はiPhone5s)

<実測サイズ>
タテ18×ヨコ12×底面12.5cm
ショルダーストラップ:最短63.5cm 最長124cm

公式情報より、やや大きめの仕上がりでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC・ポリエステル裏PVC貼り

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

表は細かなシワ加工が施された合皮。光沢はなく、つるっとしています。厚さは1mmで、コシのあるしっかりとした生地です。ブランドロゴは銀箔押しで高級感があります。

裏地はPVC貼りのポリエステルで、つるっとした触り心地。薄さの割にハリがあり、もむとパキパキ言う質感です。光沢はありません。少しPVC特有の刺激臭があります。

付録の品質はどう?

既製品並みの品質です。目立つ縫製不良はなく、縫い目は3mm幅できれいな仕上がりでした。

付録を使ってみた感想は?

・ファスナー
片手で開閉することができ、かなり軽快です。噛み込みもないのでストレスなく使えました。

・小銭入れのスナップボタン
小銭の量が多いとボタンが留めにくくなり、少し使いづらさを感じました。

・携帯電話ポケットのスナップボタン
硬すぎず緩すぎず、ちょうど良い硬さで使いやすかったです。

・ショルダー
ショルダーベルトの素材が硬めでやや調整に手間がかかりました。長さを変えることで、身長161cmの私でピッタリ合う長さにできました。

・ウエストポーチ
縦長なポーチ本体には、ファスナーに手が届きやすいです。

・各ポケット
ジャバラになっている小銭入れは上から中身が一望でき、かなり使いやすかったです。カードケースはぴったりめのサイズ感で、やや出し入れがしづらく感じました。

札入れ兼ポケットは一万円札を入れると長辺のサイズがポーチの内寸ギリギリ。カードケースの上にお札を乗せるほうが使いやすかったです。

携帯電話ポケットは手帳タイプのカバーなどを使用した厚みがあるスマートフォンだと、マチに余裕がなく少し窮屈でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

付録とは思えないクオリティなので、かなりお得な付録。コンパクトながら最低限のものは入るので、ミニマル派には響くのではないでしょうか。個人的にお財布にはいかに早くお金を出せるかを求めたいので、ファスナーのスライダーが1個だったのが惜しい!2個なら開閉がもっと早く楽にできて良かったな〜と思いました。

以上、MonoMaster(モノマスター)2019年8月号《特別付録》タケオキクチの2通り使える貴重品収納ポーチのご紹介でした。

MonoMaster 2019年8月号

発売日:2019年6月25日(火)
価格:1,080円
宝島社