雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2019年8月号《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダードレサージュ)超ビッグトート&サコッシュ

2019年6月28日(金)発売のotona MUSE(オトナミューズ)2019年8月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

JOURNAL STANDARD L’ESSAGE 超ビッグトート&サコッシュはどんな付録?

とにかく大容量のトートバッグは、マチもたっぷりで収容力抜群!
携帯やミニ財布などにちょうどいいサイズのサコッシュは、トートを畳んで収納することも。

宝島チャンネルより

サイズ(約)
トートバッグ:縦41×横51×マチ18㎝
サコッシュ:縦21×横14.5㎝

宝島チャンネルより

箱のサイズはA5よりやや横長サイズです。

箱サイズぴったりのサコッシュの上に、6つ折りされたトートが収まっていました。

サコッシュには折りたたんだトートバッグも収納できます。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

トート・・・A4ノートを見開き(A3ヨコ位置)よりひとまわり余裕のあるサイズ感。
サコッシュ・・・B6ノートが縦方向に入るサイズ。

トートの最大容量は1.5Lペットボトル8本分。

サコッシュの最大容量はポケットティッシュ4個分です。

<実測サイズ>
トート:タテ41×ヨコ50×底面17.5cm
サコッシュ:タテ21×ヨコ14cm、ショルダーストラップ:全長137cm

公式情報と大きな差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル
<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

・トートバッグ
トートは薄手のポリエステルで、もむとパリパリ音がする質感です。格子状の織り目が入った生地ですが、触り心地に凹凸はなくつるっと滑らか。ブランドロゴは織りリボンです。特に気になる臭いはありません。

・サコッシュ
表はキルティング調のポリエステルで緩やかな凹凸があります。間にスポンジが入っているためふわっと柔らか。表面にはやや光沢があり、つるっとしています。ブランドロゴはトートと同じく織りリボンです。

裏も薄手のポリエステル。表地との違いは光沢がない、触るとカサカサ音がなる点です。サコッシュも気になる臭いはありませんでした。

付録の品質はどう?

トートはややハの字に歪みがありました。縫い目の幅は既製品よりやや大きめで、パイピングの端にほつれが見られるなど、既製品並みとは言えない仕上がりです。

サコッシュは既製品並みの縫製で、目立つ縫製不良もなくきれいな仕上がりでした。

付録を使ってみた感想は?

・トートバッグ
ファスナー:軽い力で開閉可能で、動きもスムーズ。引っかかりなどもなくストレスがありませんでした。

持ち手:身長161cmの私が肩にかけると、開口部がバストトップにくるちょうど良い高さでした。持ち手の生地は柔らかく滑らかな質感で、肩や手への馴染みが良かったです。

耐荷重:肩ひもがつっぱらないように持つには、3kgが限度でした。

・サコッシュ
ショルダー:身長161cmの私が斜めがけする場合、114cmが開口部が腰にくる長さでした。紐を結ぶだけで長さを変えられ、調整が楽で使いやすいです。

面ファスナー:接着は強すぎず弱すぎず、ちょうど良い強度でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

トートは収容力抜群&折りたたんでコンパクトに持ち運べるのが便利!サコッシュをケース代わりにできるのも個人的に嬉しいポイント。旅行で荷物が増えたときのサブバッグ、エコバッグとして普段使いなどオンでもオフでも活躍しそうなバッグです。

以上、otona MUSE(オトナミューズ)2019年8月号《特別付録》JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダードレサージュ)超ビッグトート&サコッシュのご紹介でした。

otona MUSE 2019年8月号

発売日:2019年6月28日(金)
価格:1,050円
表紙:梨花
宝島社