雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

GINGER(ジンジャー)2019年9月号《特別付録》Jurlique(ジュリーク)3way PVCバッグ【購入開封レビュー】

Jurlique(ジュリーク)3way PVCバッグはどんな付録?

7/23(火)全国発売の #GINGER9月号 の特別付録には、オーガニックスキンケアブランド「ジュリーク」と再びタッグを組んで、【オリジナル 3way PVCクリアバッグ】を作りました💖

ginger_magazine|instagramより

クリアバッグだけならジムやビーチに行く際にコスメを入れて🏖
防水ポーチには濡れやすいヘアブラシやタオルを入れておくのも◎。

ginger_magazine|instagramより

「1way クリアバッグ+防水ポーチ ランチタイムに
2way クリアバッグ コスメを入れてジムへ H22×W26×D8cm
3way 防水ポーチ バッグインバッグでビーチへ H16×W21×D5.5cm(本誌p.27より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

クリアバッグにはB5サイズ、防水ポーチにはA5サイズのカードケースがヨコ向きにすっぽり入りました。

<最大容量>

クリアバッグ
500mlのペットボトルを立てて5本入りました。ちなみにヨコに倒しても500mlのペットボトルを入れることができます。

防水ポーチ
500mlのペットボトルを横に倒して2本入りました。

<実測サイズ>
クリアバッグ
タテ21.5cm ヨコ26cm マチ9cm

防水ポーチ
タテ20.5cm ヨコ15.5cm マチ6cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

クリアバッグ
厚みが約1mm、透明でしっかりと自立する素材でできたクリアバック。
子ども用のプールバッグより、硬さやハリがあります。

表面はあまり感じませんが、バッグの中は顔を近づけると、何とも言えないビニールのきつい匂いがします。
現在約6時間経ちますが、匂いは残っています。

防水ポーチ
表面はザクっと編んだ麻のような風合いの触り心地のエクリュカラーのオフホワイト色。
防水加工をしているので、ハリがあり、マチを広げると自立します。

内側は、PVC加工を施してあり、ツルツルとしています。

クリアバッグほどではありませんが、バッグの中は顔を近づけるとビニールのきつい匂いがします。

付録の品質はどう?

クリアバッグ
歪んでいたり、ズレていたりするところもなく、しっかりと接着されているので、既製品同様といえます。
縫い目がないので、見た目がスッキリしています。

防水ポーチ
縫い目は揃っているのですが、糸の始末が悪い箇所があり、付録だなという印象が強いです。
今回は特に防水ポーチの中の縫い止めの始末が、糸が飛び出ていたり、縫い目がぐちゃぐちゃとしていたりで、綺麗な縫製には見えませんでした。

また、糸の始末が悪いために、外側のつなぎ合わせている部分に糸が見えてしまっている箇所がありました。

付録を使ってみた感想は?

クリアバッグ
防水が一番気になるので、水をかけてみました。
しっかり水をはじき、濡れたらタオルなどで水滴を拭き取れます。

開口部が広く中にあるものを取り出しやすいです。

持ち手はハリのあるビニール素材のため、握り締めると硬く、重いものを入れて、持ち手でもつと握っている指にバッグを握りしめた跡がつきます。

防水ポーチ
防水加工をしているポーチなので、どれくらいの撥水力か気になったので、お水をパシャパシャとかけてみました。一部水をはじいていますが、真ん中のほうは、ぐんぐんと吸い込んでいきます。

濡れた部分は、中から見ると透けて見えています。中から透けて見えている部分を触ってみると、しっとりと濡れています。
これで防水?と疑問が出てきました。

クリアバッグの中に、防水ポーチを入れてみました。
すっきりと中に入り、ピッタリサイズです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

見た目おしゃれで、夏にぴったりのPVCバッグは「あり!」。近所のコンビニにちょっとお買いものに持って行くのも◎。ビーチやプールに濡れていいものを、これに入れて持っていくにも◎。
ほかにもスーパー銭湯などで、自分のお気に入りのシャンプーを入れて持ち歩くということもできるので、とても便利に使えそうです。

購入した付録つき雑誌/ムック

GINGER 2019年9月号

発売日:2019年7月23日(火)
表紙:宇野実彩子
幻冬舎