雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

りぼん 2019年9月号《特別付録》まんが家セット【開封購入レビュー】

まんが家セットはどんな付録?

今月のふろくはゴーカ10大ふろく!!今すぐ描いて投稿できるまんが家セット!

  1. ベーシックトーン
  2. 効果トーン
  3. マスキングテープ
  4. まんが家ノート
  5. コミックペン
  6. ブラッシュペン
  7. 漫画の書き方大図鑑(とじ込み付録)
  8. 書き下ろし漫画「マイスイートガール」(とじ込み付録)
  9. りぼん特製原稿用紙
  10. りぼん直行封筒

りぼんわくわくステーションより

(左から)まんが家ノート・りぼん特製原稿用紙・コミックペン・ブラッシュペン・マスキングテープ

(左から)ベーシックトーン・効果トーン

村田真優先生書き下ろし漫画「マイスイートガール」

(左から)りぼん直行封筒・漫画の書き方大図鑑

原産国は?素材は?

<製造国> MADE IN CHINA

<素材表記>
りぼん特製原稿用紙10枚・りぼん直行封筒・なぞるだけ!マンガ家ノート【全16P】・村田真優先生プロデュース!ベーシックトーン&効果トーン/紙

コミックペン/PP ブラッシュペン/PP マスキングテープ/紙



サイズはどれくらい?

まんが家ノート・トーン・原稿用紙・・・B5ノート大

コミックペン・ブラッシュペン・漫画の書き方大図鑑・・・B6ノート大

付録を使ってみた感想は?

付録の使い方は大まかに言うと、まんがの書き方大図鑑とまんが家ノートを使って練習→付録の原稿用紙にオリジナルの漫画を描くと言う流れ。と言うわけでここではまんが家ノートを使って練習してみます。

漫画家ノートには村田真優先生書き下ろし漫画「マイスイートガール」の下絵が全ページ描いてあり、書き進めていくと「マイスイートガール」が完成する仕組み。トーンやベタなどの指示も入っていています。どう描けば良いか迷ったときは、とじ込み付録の「マイスイートガール」をお手本にすれば良いので安心です。

・ペン入れ〜ベタ入れ
まずはコミックペンでペン入れします!どんな感じに描けるのかな〜?ワクワク!
ペン先は細い棒状の、水性ペンなどで良く見るタイプです。

15分ほどでやっと1コマ描けました!先は長い!
書き味はスムーズで、インクがかすれると言うことはありませんでした。

コミックペンはまんがの書き方大図鑑によると、細い線と太い線を使い分けるとプロっぽいとありましたが、どうやって描きわけるんだ・・・?と思うくらい、私には描きわけが難しかったです。予想では筆圧?で変えるのかもしれませんが、私は筆圧高くないと字も絵も描けないタイプなので難しい・・・

写真で見るとまあまあの仕上がりに見えますが、みんな均一な太さになってしまっています。

続きまして、左の女の子の髪にベタを入れます。ブラッシュペンの登場です!
ちょっと筆先が割れてる&一部の毛が折れてるのが気になるけど・・・まあやってみましょう。

お!これは自分でもなかなか良い感じに描けました!
筆は結構柔らかいので筆先を中心に使い、軽くサッサッと早く動かしたほうがきれいに塗れる気がします。力まないのがコツのようです。

・トーン貼り
トーンはコマごとに指示が入っているので、その指示にしたがって貼っていきます。まずは効果トーンから。このコマでは、五角形の効果トーンを使うとの指示。

トーンは使いたい部分をハサミやカッターでカットし、シールのようにはくり紙からはがして使います。貼った後に定規でこすると、しっかり貼りつけられるとのこと。

さて、指示通り貼ったのがこちら。トーンがあるだけで、グッと「らしく」なりました。トーンは裏にノリがついているので、定規を使わなくてもある程度接着できました。でも定規で抑えたほうが、しっかりつく印象です。

今度はベーシックトーンを使ってみます。この2コマでは、どちらも濃いめのグラデトーンを使用するとの指示です。

トーンを貼ると画面が締まります。
グラデトーンは貼る面積が広いので、余分な面をはがすときに気を使いました。力を入れて一気にはがそうとすると破れてしまうので注意が必要です。吹き出しの部分などはカッターで切りましたが、軽い力でもサクッと切れました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

付録だけで漫画が描けるとどまらず、りぼん直行封筒までつけて「投稿できる」ところまで持って行っているのがすごいです。「漫画を描いたら、ぜひ投稿までしてほしい!」という、りぼん編集部の熱意が見えるよう・・・

特に秀逸だと思うのは、まんがの書き方大図鑑。毎日15分ずつの課題をこなしていくドリル風になっていて、この本通りに進めていけば誰でも漫画が描けそう!と思える内容になっているのが良かったです。漫画を描いてみたいけど、どうやって描いたらいいかわからないと言う、漫画初心者にオススメの付録だと思います。

私自身は連載中の先生の漫画を疑似体験できる言う仕組みが画期的な、まんが家ノートが大ヒット。漫画家に憧れた子どもの頃の思い出と、なぞるだけなのに意外に難しいことを体験でき「まんが家ってやっぱりすごいな・・・」と憧れと尊敬が入り混じった何ともいえない気持ちになりました。そういう意味では漫画好きな大人でも楽しめる付録だと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

りぼん 2019年9月号

発売日:2019年8月3日(土)
価格:620円
集英社