雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

JOURNAL STANDARD relume(ジャーナル スタンダード レリューム) 2WAY TOTE BAG BOOK【購入開封レビュー】

2WAY TOTE BAGはどんな付録?

「ジャーナル スタンダード レリューム」から、2WAYで使えるトートバッグが登場しました!
ロゴを刺繍であしらったコットン風トートバッグ。肩かけもできる2WAYタイプ。

 宝島CHANNELより

A4サイズも入るので、メインバッグとしても、サブバッグとしても活躍しそう!
シンプルな中にも、必要な機能を備えたバッグにこだわりました。

SIZE(約):H29.5×W39(上部)/19(下部)×D20cm
STRAP 117.5cm(最長)

 宝島CHANNELより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体には、B5のカードケースがすっぽりと収まりました。ポケットには、スマホ(タテ14.8cm ヨコ7cm)がタテに入ります。

目一杯はいりそうな容量は2リットルのペットボトルが4本と、500mlのペットボトルが2本です。

<実測サイズ>
タテ31cm ヨコ39cm 底面19×20cm ポケット13.3×11.1cm
持ち手ベルト・・・全長31.5cm
ショルダーストラップ 最短65cm 最長119cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿、ポリエステル
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグの表面は、キャンバス地独特のゴワゴワとした手触り。
裏地にPVC加工が施されているのでハリがあり、バッグを開け閉めするとPVC加工部がしなり、バクバクと音がします。

バッグ開口部のパイピングや持ち手ベルトは、見た目の不規則な皺模様から見られるシボ感やテカリ過ぎないマット感がレザー調に見える合皮素材のようです。
持ち手の手触りは、レザーのようにしなやかなさわり心地は感じられません。ペラペラとした感触でした。

ショルダーストラップは幅約2.5cm、厚み0.1cmで、カバンのストラップによく使われる平織りの綿素材です。

付録の品質はどう?

ミシン目は一定に揃い、綺麗に直線に縫われ既製品同様の仕上がりでした。

ロゴ部分はプリントになっている付録のバッグが多いですが、今回のトートバッグは内側を見ると、刺繍を施していることが見てとれ、ひと手間がかかっていることがわかります。

1点、内側に施されたパイピングの端がモワモワとほつれている部分がありました。

付録を使ってみた感想は?

【ボタン】
10度ほど開け閉めしましたが、特に取れたり、付けにくいことはありませんでした。
ただ、スマホをバッグのポケットに入れてしまうと、ボタンと重なり閉めることができません。

【開口部】
広く開き、底が見渡せます。

【サイズ感】
手持ちベルトを肩にかけることはできますが、開口部が脇の下ぴったりなので、持ちにくさがでます。
ショルダーストラップを一番短く調整して肩にかけると、161cmの私でしたら胸の下あたりに開口部があり、底部は足の付け根ぐらいになりました。
ほかにも斜めがけにちょうどいい長さなどは調整できます。

【耐荷重性】
2リットルのペットボトル4本・500ml2本(約9キロ)をバッグに入れ、持ち手ベルトを持って持ちあげてみると、バッグ全体が歪んでいます。

また、ショルダーベルトで持ちあげると、金具が回ってしまい、バッグとの結合部が取れてしまいそうになりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

40代女子の浜島直子さんが表紙というだけで、同じく40代の私が持ってもおかしくないはず!!と、テンションあがりつつ手に取ってみたこのバッグ。自分で言うのもなんですが、ほんとにしっくりきて大満足で「あり!」です。
生成りの色や、持ち手の白の色合いがよく、ブランドロゴの刺繍はとってもオシャレ。ただ、あまり重いもの(約9kg分)を入れるとショルダーの金具が危なかしかったので、そこまでの重さを目安にするとよさそうです。
これからお散歩やカジュアルなおでかけなど、いろんなシーンで持ち歩きたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

ジャーナルスタンダード2WAY TOTE BAG BOOK

発売日:2019年7月13日(土)
価格:本体2,200円+税
宝島社