雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】InRed(インレッド)2019年10月号《特別付録》ナノ・ユニバース ボストンバッグ

2019年9月6日(金)発売のInRed2019年10月号《特別付録》ナノ・ユニバース ボストンバッグを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品のため、発売後の商品と違いが出る場合がありますのでご了承ください

ナノ・ユニバース ボストンバッグはどんな付録?

「ナノ・ユニバース」とコラボした、普段使いにちょうどよいサイズのボストンバッグ。

FASHION BOX | 宝島社より

ストラップは取り外し可能。2WAY仕様で使えて便利!
SIZE(約):高さ16×底幅24×マチ13.5㎝

FASHION BOX | 宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

A5のカードケースがヨコ向きにぴったり入ります。

目一杯入る量は、バスタオル(63×114cm)3枚でした。

<実測サイズ>
タテ17cm ヨコ24.5cm マチ13.5cm
ベルト・・・全長43cm
ショルダーストラップ・・・最短72cm 最長132cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿ポリエステル混紡裏PVC貼り、ポリエステル、合金、鉄
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ボストンバッグの表面は、8号帆布ぐらいのハリがあり、バッグの中に何もいれなくても自立できます。生地をつまむと約2mmの厚みがありました。
手触りは、洗いたてのジーンズのようにゴワゴワしています。

バッグの内側は裏地が施してあります。
サテンのようにツルリとしてしなやかな薄手の生地です。

付録の品質はどう?

バッグ表面は縫い目が綺麗に揃っていて、気になるような歪みはありません。付録とは思えない見た目は既製品同様でした。

気になった点は、バッグ内側のパイピング部。

パイピングの直線は、端が余るほど真ん中に寄って縫われていますが、カーブは端ギリギリの縫い目でツレが目立ちます。

また、よく見ると、持ち手ベルトの縫い合わせ場所が1本歪んでいました。

下の写真で、持ち手を縫い合わせている部分が左に寄っているのがわかります。

付録を使ってみた感想は?

開口部
ファスナーは連続で10回開け閉めしても、とくにひっかかりは感じられずスムーズな滑りでした。
バッグに対して水平にしか開口部のファスナーはないので、がばっと大きくは開かず、バッグ上部のみが開きます。底部まで見えますが、開口部は狭いなという印象を受けました。

ショルダーベルト
金具はナスカンでバッグ本体に簡単に取り付けることができました。肩かけも斜めがけもできます。

サイズ感
骨盤上部にボストンバッグの開口部がくるようにショルダーとして肩にかけると、底部は足の付け根あたりになります。ボストンバッグの形ですが、大きめのショルダーバッグのサイズ感だなと思いました。

耐荷重性
ボストンバッグなら、きっと丈夫だから旅行などに持っていきたいなと思い、どのくらいの重さまで荷物を入れることができるのか気になり、耐荷重性を確認してみました。
ボストンバッグ自体にペットボトルなら、500mlを6本寝かせて入れることができたので、そのまま持ちあげてみると、持ち手ベルトを縫い合わせている糸が見えて取れてしまいそうでした。この結果、3kg未満のものを入れて使うことをおすすめします。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ボストンバッグの付録ということで、お洋服がたくさん入って旅行に行けそうなボストンバッグを思い浮かべていた私。開けてみると「え!」と思うほど小さい!
けれど、バッグ本体表面の丈夫そうな手触りや安定感、そして「実はバスタオル3枚入ります」という見た目とは違うサイズ感に惚れてしまいました。

これから季節も変わり、秋から冬にかけて持って歩くのにぴったりな佇まいの付録ボストンバッグ。私のおしゃれおでかけアイテムのひとつになりそうです。

以上、InRed 2019年10月号《特別付録》ナノ・ユニバース ボストンバッグのご紹介でした。

InRedは2019年10月号増刊として、セブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売で付録違いのものもあります。

InRed 2019年10月号

発売日:2019年9月6日(金)
表紙:北川景子
宝島社