雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

MAQUIA(マキア)2019年10月号《特別付録》花王 バブ エピュール&itabamoe(イタバモエ)描きおろし ドレッサートレイポーチ&クレ・ド・ポー ボーテ ルセラム&イプサ クリームファウンデイション【開封購入レビュー】

itabamoe(イタバモエ)描きおろし ドレッサートレイポーチはどんな付録?

中は3か所に仕切られ、中央のトレイ型ポケットには長細いコスメもすっきり収納。
まさにドレッサーを持ち歩く感覚で、外出先でもスマートにメイク直しができます。

マキアオンライン(MAQUIA ONLINE)より

「サイズ:タテ7cm ヨコ18cm マチ5cm(本誌表紙より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポーチは15cm定規がちょうど入るサイズ感です。

最大容量はポケットティッシュ4個分です。

<実測サイズ>
タテ7×ヨコ18.5×底面5cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC合皮(表地)ポリエステル(裏地)亜鉛合金(ファスナー引き手)

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表地はサフィアーノレザー調の合皮。光沢はなく、少し凹凸を感じる触り心地です。ポーチの表と裏には樹脂製と思われる芯材入りのため、しっかりとした硬さがあります。柄はプリントで、細い線や濃淡まで表現されたきれいな仕上がりです。

裏地は目の細かいポリエステルで、さらっとしています。仕切りにも樹脂製と思われる芯材が入っていて、硬さとハリがある質感です。ポーチ内部はわずかにPVC特有の刺激臭があります。

付録の品質はどう?

パイピング端のカットが直線になっていない、底マチの縫製の一部に糸の飛び出しがある以外は、目立つ変形や縫製の乱れは見られませんでした。わずかに既製品に及ばない品質です。

付録を使ってみた感想は?

・開口部
コの字ファスナーとジャバラの仕切りで、大きく開く&中が見やすい開口です。大きく広げれば3箇所のポケットの中身が一望できるので便利でした。

・ファスナー
何回か開閉していると、写真の丸部分のみ務歯の噛み合わせが悪く、引っかかることがありました。引き手を引っ張るなど、調整しながら開閉していると徐々にスムーズに開閉できるように。梱包時の折り目の影響で、務歯が歪んでいたのではと感じました。

・各ポケット
横長のポケットなので、マスカラやアイライナーなどの細長いアイテムを入れるのに便利。私物のパウダーファンデーションケースは入らず、タテ7.5×ヨコ6×底面1.5cmのアイシャドウケースが横向きでギリギリ。コンパクトタイプのパウダーファンデ、もしくはリキッドファンデじゃないと入らないのが少し残念でした。

花王 バブ エピュールはどんな付録?

エプソムソルトと超微細炭酸が素早く血行を促進し、じわじわと発汗。
代謝もアップし、冷えやだるさをいやします。
ローズマリー&ユーカリの香りもほっとリラックス。

マキアオンライン(MAQUIA ONLINE)より

原産国は?成分は?容量は?

<製造国> MADE IN JAP︎AN


どれくらいの容量入り?

<容量> 50グラム

付録はバブ エピュール1回分 税込194円(50g)の製品、1個です。

付録を試してみた感想は?

「バブ エピュール」は顆粒タイプの入浴剤。小皿に少量とってみたところ、量の割に強烈な香りが漂います。紫色もかなり鮮やかな色合いで、バブといえば淡い色の固形という、個人的なイメージを覆されました。

実際にお風呂に溶かしてみると、入浴剤を入れてお湯を全体的にかき回すだけでほとんど溶けました。時間にすると1分かかったかどうかという感覚で、固形に比べるとずっと早いです。溶かす前には強烈に感じた匂いも、すぐに気にならないほどに落ち着きました。

固形ではブクブクと泡を出しながら溶けていきますが、こちらでも泡は健在。ただ固形の時に比べてずっと細かい泡で、溶けて時間が経つとともにお湯の表面に白い膜状で現れます。入浴中に身体に触れるとぬるっとした感覚があり腕を見てみると、炭酸の細かい泡が身体にびっしりついて白っぽくなっていました。

この細かい泡のおかげなのか入浴中はもちろん、入浴後もいつもより体が温まり、冷えにくいように感じました。

クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラムイプサ クリームファウンデイション Nはどんな付録?

クレ・ド・ポー ボーテ  ル・セラム
この秋一新されるクレ・ド・ポー ボーテのスキンケアのスター製品である美容液「ル・セラム」。洗顔後すぐの肌につけた瞬間、肌へ溶け込みふっくら柔らか肌に!

イプサ クリーム ファウンデイション  N
肌をうるおいで満たし、ぴたりと密着。うっとりするような美肌を叶えるクリームファウンデイション。どんな表情の動きにも見事にフィットしてくれます。

マキアオンライン(MAQUIA ONLINE)より

2点とも本誌貼り込み付録です。(ル・セラム 本誌p.141、クリームファウンデイション 本誌p.245)

原産国は?成分は?

<製造国> MADE IN JAP︎AN

・ル・セラム

・クリームファウンデイション

どれくらいの容量入り?

貼り込み付録2点合計で、457円相当です。

・クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラム:税抜25,000円(50mL)のサンプル0.5mL、250円相当
・イプサ クリーム ファウンデイション 101 税込 4,320円(25g)のサンプル0.3g×4個(1.2g)、207円相当

付録を試してみた感想は?

・ル・セラム
透明でとろみのあるテクスチャーです。肌に乗せるとランと天然ローズのいい香りが一気に漂い、贅沢な気分になれました。少しぬるっとしているものの、ベタつきはそれほどなく、浸透後は手に軽く張り付くほどのしっとりさでした。公式では洗顔のあと化粧水を塗る前に使うとあり、そのように使いましたが、化粧水前に使うことでより肌に浸透するのが早い気がしました。

・クリーム ファウンデイション
少しこっくりとしたクリーム状のテクスチャー。伸びが良く、ムラなく塗りやすいです。肌に伸ばすとクリーム状からさらっとした質感になり、パウダーファンデで仕上げたような肌に仕上がりました。色味は色白イエベの私には、やや暗め。もう少し明るい色味のほうが馴染みそうです。

 

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

コスパの良さは相変わらず高いのですが、一番メインの付録(だと思う)ポーチのサイズ感が気になって「う〜ん」です。メイク直し用専用ポーチならこのサイズ感もアリなのかもしれませんが、コスメポーチでファンデーションが入らないのは個人的に魅力半減でした。

今月の付録の中では一番入浴剤が良かったものの、市販品でも194円という雑誌よりはるかに安い価格でお試し購入が可能なため、わざわざ付録で入手する必要性が弱く感じてしまったり。今月は付録ならではの付加価値があまり感じられない印象でした。

購入した付録つき雑誌/ムック

MAQUIA 2019年10月号

発売日:2019年8月22日(木)
価格:700円
表紙:白石麻衣
集英社