雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

InRed(インレッド)2019年11月号《特別付録》スヌーピー心ときめくブック型ポーチ【購入開封レビュー】

スヌーピー心ときめくブック型ポーチはどんな付録?

スヌーピー
飾って収納できる!
ブック型ポーチ

InRed(インレッド)│宝島社より

サイズ(約)
高さ18×幅13×厚み6cm(閉じた状態)

InRed(インレッド)│宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポーチ本体の大きさは折りたたんだ状態でB6縦向きです。

開いて左側のファスナー付き収納スペースはB7横向きがぴったりでした。

メッシュポケットはA7が横向きにギリギリ入るサイズ感。

<実測サイズ>

縦 18.5cm×横 13.5cm×厚み 6.5cm(たたんだ状態)

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、ポリエステル裏PVC貼り、PVC、鉄

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ポーチの表地はサラサラとしたキメ細かいポリエステル素材。中にスポンジが挟み込まれていて、押すと軽めのクッション性を感じました。

台紙も入っていて自立する硬さがあり、厚みは約3mmで丈夫さを感じます。

キャラデザインはインク染め、大きめのスヌーピーデザインはもちろん、黄色の「PEANUT」の文字もくっきりと目立ちます。

内布はしっとりとした手触りで光沢があるポリエステル生地。収納ポケットはペラッとした薄いポリエステル素材でした。

付録の品質はどう?

表地のミシン目は3mmでまっすぐ一定に縫われていますが、縫い目が強くギュッと詰まっています。

内布のパイピングはPVC合皮で、ラウンドカーブでのめくれや端の切りっぱなし部分の糸の飛び出し、パイピング端がちょうど真ん中部分に来ているなど、少々雑な印象です。

付録を使ってみた感想は?

<ファスナー付き収納>

ファスナー付き部分は約2cmほどの高さ、お粉やパウダーファンデーションなどがギリギリ入るサイズ感でした。

2つ収納すると無駄なスペースを残していっぱいいっぱいな状態です。

使用の際にファスナーを全開にすると、べろーんとめくれた状態になり、中に収納したものはポロッと出てきてしまいました。

<ファスナー・ボタン>

左側の収納部分のファスナーは、どうしてもカーブで引っかかってしまい、やや開閉しにくかったです。フタを押さえながら、形を意識すれば気になるレベルではないですが急いでいる時は少々モタつく印象です。

メッシュポケットのファスナーは20回ほど高速で開け閉めしてみましたが、こちらは引っかかることもなくスムーズに開閉することができました。

メインの留め具は鉄製のスナップボタンで、ポチッとしっかりはまりこみます。ボタン留まり具合も硬めでした。

<各ポケット>

右側3つのポケットは一番大きなブラシ(太さ6cmほど)を収納しても、指先が1~2本入る余裕あり。

アイライナーなどの細くて長いコスメ、手持ちのブラシで一番長さがある(15cm)ものを入れても高さに余裕が残りました。そして生地のおかげですべりが良く、するする抜け出てしまいます。

メッシュポケットは伸縮性なし、メッシュを縫い付けただけなので無理やり引っ張るとそのまま取れてしまうのではないか・・・という印象。実際に強い力で引っ張って、破れたり取れたりすることはありませんでしたが、収納は軽い小物に限定されそうです。

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

実用性、機能性はコスメポーチとしてはレベルは低め。

容量自体はあまり入れられない割に、たたむと大きくて分厚いので使い心地は悪いかな~という感じです。

スヌーピーのデザインは「ヴィンテージ」ということもあってか、どこか懐かしい絵柄でかわいらしさは満点。

ファンにはたまらない付録ですが、実用性を考えるとちょっと「う~ん・・・」でした。

個人的に後ろ側にくるスヌーピーのデザインがお気に入りです。

購入した付録つき雑誌/ムック

InRed 2019年11月号

発売日:2019年10月7日(月)
宝島社

付録違いの2019年11月号増刊も同時発売です。