雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】GLOW(グロー)2019年12月号《特別付録》TATRAS & STRADA EST(タトラス&ストラダエスト)キルティングBIGトート

2019年10月28日(月)発売のGLOW(グロー)2019年12月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください

TATRAS & STRADA EST(タトラス&ストラダエスト)キルティングBIGトートはどんな付録?

タトラス&ストラダ エストのバッグ、再び!

GLOW(グロー)│宝島社より

サイズ(約)
縦37×横42×マチ13cm

GLOW(グロー)│宝島社より

大きな背面ポケット付き。

マジックテープで閉じることができますが、B4ファイルを入れてみるとマジックテープよりちょっと上になりました。幅は余裕を残して入りました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体、B4サイズが横向きにすっぽり収納できるサイズ感です。

最大容量は2Lペットボトルが3本でした。

<実測サイズ>

バッグ本体・・・縦 37cm×横 42.5cm×マチ 13cm

背面ポケット・・・深さ 30cm×横 42cm

内側ポケット・・・深さ14cm×横 21.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、ポリウレタン、PVC、POM、合金

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表地はサラリとした手触りのポリエステル素材でキルティング生地。

ステッチ幅は2.5cmで、ふんわりとした凹凸を感じます。

生地・キルト芯の厚みは薄め、四つ折りにたためるほどの柔らかさです。バッグ自体、ライトダウンジャケットのようなふわっとした軽さでした。

ブランドロゴはポリウレタン素材のレザー調タグにゴールド型押し。タグは厚さ2mmで遠目からでも立体感があるのがわかります。

内布はしっとり・ツルツルとした触り心地のキメ細かいポリエステル素材。

ペラペラとした薄手の生地で、揉むように触ってみるとパリパリ・シャカシャカと音がしました。独特な匂いは感じませんでした。

付録の品質はどう?

キルティングステッチは2mm幅と細かく、ステッチ糸の切れ(目飛び)や飛び出しもなくてキレイに一定に縫われています。

底部分はパイピング部分に歪みあり。縫いツレてギュッと生地が寄ったような見た目になっています。(画像左上の赤丸部分)

角は直角になっている箇所、少し丸みを帯びてカーブしている箇所があり、アンバランスさを感じました。

 

ファスナー部分に大きく糸が飛び出している箇所がありました。

しかもその糸が青色のため、全体のカラーから浮いていて目立ちます。

細かい箇所の裁縫品質は市販の1000円以下のお安いキルティングレッスンバッグと同等かな、と感じました。

付録を使ってみた感想は?

<バッグ耐荷重性>

2.5kgの重さで耐荷重性を検証してみたところ、バッグ上部全体が引きつって上に伸びてしまいました。

持ち手に重さが集中していて、背面ポケットの内布部分が伸びて見えてしまっているし、マジックテープも剥がれそうな勢いです。

1kgでさえも型崩れを感じやすく、重いものを入れるにはあまり向いていないかな、と感じました。

<ファスナー>

大きなプラスチック(POM)務歯で、開け閉めは10回以上高速で試してみましたが、とてもスムーズでした。ファスナー開閉音は「ジジジッ」と少々大きめ。

終端部分はキレイに最後までは閉まらず、少し隙間が空く状態です。

<持ち手>

バッグと同じく、キルト芯が挟んである持ち手でふわふわな手触りではありますが、かなり薄手で重さがダイレクトに伝わります。

そしてバッグとの縫い合わせですが、縫い代が1cm以下と浅めなので不安さを感じます。

<使い心地>

身長160cmの筆者が肩掛けしたところ、バッグ底がお尻上部に届きました。

開口部は脇部分の真下で、肩掛け状態で中を探る時や出し入れの際は持ち手を片方、下ろさないといけません。

その状態で腕を入れてみると、底部分までしっかり届いてゴソゴソと手探りすることができました。

内側ポケットも指先がしっかりと底まで届くので小物の出し入れもスムーズ。

内布のツルツルした感触のおかげもあり、プリントなどの紙をはじめ、ファイルなど薄いものもするっとスムーズに取り出すことができます。

 

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

見た目の上品さやキルティングのステッチなどもキレイなので好みなのですが、バッグ自体の薄さや持ち手など所々のチープ感が否めませんでした。

せっかくのビッグトートですが、プリントや軽いファイルぐらいしか気持ちよく持ち運ぶことができないのではないかなぁ~と感じました。もしくは軽めの洋服とか。

せっかくのオシャレトート+キルティングなのに使い勝手が「う~ん」の惜しい付録ですね!

レビューした付録つき雑誌/ムック

GLOW 2019年12月号

発売日:2019年10月28日(月)
宝島社

付録違いの2019年12月号増刊も同時発売です。

▼2019年12月号増刊のレビューはこちら

【発売前レビュー】GLOW(グロー)2019年12月号増刊《特別付録》TATRAS & STRADA EST(タトラス&ストラダエスト)2WAYキルティングミニボストン