雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】SPRiNG(スプリング)2019年12月号《特別付録》マッキントッシュフィロソフィー大人のキルティングショルダーバッグ

2019年10月23日(水)発売のSPRiNG(スプリング)2019年12月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

マッキントッシュフィロソフィー大人のキルティングショルダーバッグはどんな付録?

コンパクトサイズながらしっかり収納できる便利なショルダーバッグ!
お出かけ必需品がまるっと持ち運べる!内ポケにはスマホを入れて、外ポケにはメッシュポケットとカギホルダー付きで、スマートに収納。

宝島チャンネルより

サイズ(約) 高さ19.5×横13.5×マチ6cm

宝島チャンネルより

付録違いの2019年12月号増刊も同時発売です。
※増刊はセブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

届いた箱の大きさは、B5ヨコよりひとまわり小さいサイズ。

中には折りたたまれたポシェットとストラップが入っています。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・B6ノートタテ向き

内ポケット・・・A6ノートタテ向き

前ポケット・・・A6ノートタテ向き

前ポケットの内ポケット・・・ポケットティッシュ縦向き

最大容量は500mLペットボトル2本分です。

<実測サイズ>
タテ20×ヨコ14×底面5cm
ショルダーストラップ・・・最短60cm 最長117cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、PVC、合金、鉄

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表はさらっとした肌ざわりのポリエステルと綿を合わせたキルティング。ふんわりとした生地で、バッグを丸められるくらい柔らかいです。

ブランドロゴは織りリボン。線の太さが1mmもないロゴのアルファベットも、きれいに織られています。

裏は薄手のポリエステル。柔らかくなめらかな質感です。バッグの中は特に気になる臭いはありません。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は4mmとやや大きめなものの、変形や縫製の乱れのないきれいな仕上がり。既製品並みの品質です。

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーストラップ
身長161cmの私がななめがけする場合、最長117cmで開口がウエストの位置とやや高め。腰に開口を合わせたいならワンショルダーにするとちょうど良いです。

ショルダーストラップはコットン調の柔らかい素材で、身体に馴染みやすく肌当たりにも優しさがあります。ベルトはベルトを引くだけで調整可能。つるっとした滑りの良いベルトに比べるとやや力が必要なものの、使いにくいと感じるほどではありませんでした。

・開口とポケット
ファスナーがコの字になっていることで、縦長のバッグでも奥まで見やすいです。メッシュの内ポケットも中身が見えることで何か入っているか一目でわかるのが便利。手がすっぽり入るサイズ感で中身の取り出しも楽にできてよかったです。

・ファスナー
メイン&前ポケットのファスナー共にスムーズな動き。どちらもラウンドカーブで動きが鈍ることなく、なめらかに開閉できました。

一般的な金具の引き手より太く長くなった紐付きの引き手はつまみやすく、開閉のしやすさにつながっていると感じます。

・鍵ホルダー
前ポケットについた鍵ホルダーは、開閉しやすい硬さで取り付けも簡単。バッグの中で見失いがちな鍵がすぐ取り出せて便利に使えます。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

これからの季節に合うふわふわの質感と、モノトーンカラー、サイズ感が大人っぽくて良い!個人的にキルティングは、ものによってカジュアルになりすぎたり子どもっぽくなるアイテムだと思いますが、このバッグは大人でも使いやすいデザインに仕上がっているのが良いです。

メッシュのポケットや鍵ホルダーなど、利便性が備わっているのも気が利いていて◎!コンパクトながら私物の長財布も入ることが確認できたので、ちょっとしたお出かけに活躍しそうです。

以上、SPRiNG(スプリング)2019年12月号《特別付録》マッキントッシュフィロソフィー大人のキルティングショルダーバッグのご紹介でした。

SPRiNG 2019年12月号

発売日:2019年10月23日(水)
価格:980円
宝島社