雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

めばえ 2019年12月号《ふろく》アンパンマン ドキドキクレーンゲーム【購入開封レビュー】

アンパンマン ドキドキクレーンゲームはどんな付録?

めばえ』2019年12月号のふろくは、「アンパンマン ドキドキ クレーンゲーム」!お子さんの大好きなクレーンゲームがふろくに登場です。
しかも『めばえ』オリジナルデザインのキャラクターカプセル5個付き!

『めばえ』より

【遊び方】

今月は組み立て付録。パーツはB3大の台紙2種類・カプセル・輪ゴム・透明シートです。完成には約30分を要しました。

原産国は?素材は?

公式情報として、素材や原産国に付いての表記はありませんでした。

サイズはどれくらい?

アームも含めると高さ約27cmです。

付録を使ってみた感想は?

完成した付録を見て「既視感があるな〜」と思ったら、以前レビューしたこちらの付録でした。こちらの付録を、もっと小さい年齢の子でも遊べるように作られているのが今回の付録。自分でクレーンを動かして遊ぶ方法は同じなものの、中身がシンプルな球体&カプセルのつかみ方も簡単になっています。

カプセルの上からアームを押し込み・・・

カプセルが入ったところ。輪ゴムでうまく支えられているので、運ぶ事ができます。

裏から見ると、こんなかんじです。

 

では、さっそく遊んでみましょう!

こちらの付録はコインの投入口まである本格派。コインは500円まで準備されています。

ではまず100円入れて・・・と。チャリーン♪

ちなみに投入したお金は、引き出して取り出し可能です。

さあ、アームを持ち上げて動かします。どれを狙おうかな?
やっぱり最初はアンパンマンかな〜?

ママとやりとりができる年齢の子なら、子どもが手前のボタンを操作するふりをしながら「右!」「上!」など言って、ママがアームを指示通りに動かすとよりリアルに遊べそうです。

よし、アンパンマンに決めた!
クレーンをアンパンマンの上に持ってきて、カプセルに向かって押し込みます。

スポン!うまくハマりました。

そーっとアームを出口に向かって運んでいきます。
落とさないように落とさないように・・・・

出口のスロープに来たら、グッと下に押し込みます。

おおっ!?

出てきた〜〜〜〜!

アンパンマン無事ゲットです。やったね!

このガチャは、スロープについているつめ(赤い部分)に輪ゴムを押し当てると、カプセルが出てくる仕組み。

2歳の我が子にも遊ばせてみたところ、完全に自分ひとりで遊ぶのはまだ難しい状況でした。カプセルをアームでとるところまでは何とかできるものの、アームの輪ゴムをつめにひっかけるのが難しい。そこの部分だけ保護者が手伝ってあげるとスムーズに遊べそうです。

↓ 輪ゴムをつめに押し当てているところ

上からみると、開口がスロープの方へ向かって細くなっていることも、2歳児には動かしづらかったようです。正面からは細くなっているのが分からないため、大人でもうっかり引っかかることがありました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

アンパンマンのカプセルが可愛く、2歳児でもギリギリ自力で遊べる仕様になっているのが良い!もちろん「アリ」です。

2歳児にクレーンゲームは少し難しいかなと思っていましたが、大好きなアンパンマンということもあってか、うまくできなくても根気よく遊んでいたのが印象的でした。アンパンマン好きはもちろん、機械ものが好きな子なら、特に楽しく遊べるんじゃないか思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

めばえ 2019年12月号

発売日:2019年11月1日(金)
価格:850円
小学館