雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)2WAY CHECK TOTE BOOK【購入開封レビュー】

タータンチェックの2WAY トートバッグはどんな付録?

英国にゆかりのあるマッキントッシュ フィロソフィーだからできる、タータンチェックのトートバッグ。コーディネートにトラッド感を添えるだけでなく、使い勝手も抜群な大判サイズがうれしい。モノトーンなので合わせやすさも◎。

宝島チャンネルより

SIZE(約):W445×H395mm

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・A4ノート見開き(A3相当)が入ります

内ポケット・・・B6ノート縦向き

最大容量は1.5Lペットボトル4本分です。

<実測サイズ>
タテ39.5×ヨコ44.5cm
ショルダーストラップ・・・全長79cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、プラスチック

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表はウール風のポリエステルで、見た目も肌ざわりも温もりがあります。生地は思ったより厚みがある割に柔らかく、小さく折りたたむことも可能です。

ブランドロゴはシルクプリント。幅1mmの細いアルファベットもきれいに印刷されています。

裏は薄手のポリエステル。少し硬めの質感で、バッグが動くたびにパリパリと音が立ちます。バッグの中に顔を近づけた時に、気になる臭いは特にありませんでした。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は4〜5mmと少し大きめなものの、糸の絡まりや飛び出しなどもありません。ただ内ポケットが縫いつれて、ポケットの左上に歪みが見られます。やや付録っぽさのある仕上がりです。

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーストラップ
身長161cmの私がななめがけすると、ウエストの高さに開口が来ます。普段使っているショルダーバッグに比べるとやや高めの位置ながら、容易に底に手が届き使いやすいです。

ショルダーベルトは幅3.5cmと太めで安定感があります。生地が柔らかく、身体に馴染みやすいのも良かったです。

・持ち手
肩掛けすると、私の場合は脇の下に開口がくる長さ。ショルダーの時と同じように、底まで手が届きやすいちょうど良い位置でした。

ショルダーベルトと同じ太めのベルトを使用しているものの、手で持つ部分のみ太さが半分になっていて持ちやすいです。ショルダーベルトと同様生地も柔らかく、手への当たりに優しさもあります。

・開口、内ポケット
大きく開く開口は出し入れ可能なサイズが豊富で便利。ファスナーやボタンがない分、すぐ開けられるのも良いです。

内ポケットは中身の見やすさや出し入れに問題ないものの、パリパリ音が立つのがやや耳障りで気になりました。

・耐荷重
バッグに突っ張りなく持てる重さは5kgまで。生地が厚めなこととストラップの縫製がしっかりしているせいか、予想より重い結果となりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

冬っぽい温かみのあるウールの生地感と、モノトーンのタータンチェックがおしゃれ!マチのない薄型だけれどサイズが大きいので、意外といろいろなアイテムが入るのも良かったです。

個人的には裏地がカサカサ言うところが惜しいと感じるものの、デザインや作りには満足しているので気にしません。シンプルなコーデにこのバッグを合わせて、チェック柄が引き立つように使いたいです。

購入した付録つき雑誌/ムック

MACKINTOSH PHILOSOPHY 2WAY CHECK TOTE BOOK

発売日:2019年11月20日(水)
価格:1,980円+税
宝島社