雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

くまのがっこう Samansa Mos2(サマンサモスモス)おでかけメッセンジャーバッグBOOK【購入開封レビュー】

おでかけメッセンジャーバッグBOOKはどんな付録?

 

くまのがっこうが
阪急電鉄とコラボ!

くまのがっこうと人気ブランド・サマンサ モスモスとの
初のコラボで誕生したメッセンジャーバッグは、
オリジナルの刺しゅうがかわいい限定デザイン。

宝島チャンネルより

SIZE(約):H17.5×W31.5×D12cm
ショルダーストラップの長さ 110cm[最長]

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグのサイズと容量は下記のとおりです。

[サイズ]

・本体・・・A5サイズヨコ

・ファスナーポケット・・・ハガキサイズヨコ

[容量]

・本体・・・ペットボトル500ml×4本

・ファスナーポケット・・・フェイスタオル1枚

<実測サイズ>

本体・・・タテ18cm ×ヨコ31cm×マチ12cm

ショルダーストラップ・・・調節可能 最短57cm 最長110cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り加工、ポリエステル、PVC、POM、PP、合金

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ザラザラとした触り心地のポリエステル素材。裏面にはビニール加工が施されており、ほどよい厚みとハリがあります。

ジャッキーはラメが入った糸で刺繍されていて、立体感がありました。

チャームやタグなどの細部もこだわっています。

付録の品質はどう?

縫い目幅は約4mm。一定でキレイに縫われています。

パイピングの生地の糸がわしゃわしゃでていたり、始末されていない糸が1箇所あったりしました。

他に本体の真ん中部分に、パイピングの縫い合わせがきているのが少し気になりました。ふたで隠れるので開けない限りはわかりません。

全体的に縫製は少し雑に感じました。わずかですが独特なビニール臭がありました。

付録を使ってみた感想は?

開閉のしやすさ

マジックテープ式なので、素早くカバンの開閉ができます。マジックテープの幅が広く、固くないのにしっかり閉まり安心感がありました。

サイズ感

マチがハガキサイズほどの大きさで、開口部も広め。見た目より荷物が入り、手持ちの長さ20cmある長財布も収納可能でした。手指が届く深さで使いやすいサイズ感です。

耐荷重

バッグに約2.5㎏の荷物を入れて持ち上げてみました。特に生地がのびたり縫い目がツレたりすることはありませんでした。2㎏ぐらいの荷物を入れても耐えられそうです。

ショルダー

ショルダーの生地はくたっとして柔らかいアクリルテープ。薄手ですが幅が3cmあるので、肩に食い込まず肌あたりも優しいです。

身長155cmのわたしが斜め掛けしたところ最長(110cm)で開口部が腰骨のすぐ下あたり位置にきました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

縫製は付録らしさを感じますが、使いやすいサイズ感が気に入りました。ペットボトル+長財布が入るショルダーバッグ大好きです。

そしてジャッキーの刺繍がぷっくりとして豪華。くまのがっこうファンなら買い!

ちなみにムック本の裏表紙を切り取るとメッセージボードになるとのこと。

購入した付録つき雑誌/ムック

くまのがっこう Samansa Mos2 おでかけメッセンジャーバッグBOOK


発売日:2019年11月29日(金)
価格:1980円+税
宝島社