雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)35th Anniversary Book Limited Edition【購入開封レビュー】

2WAYボストンバッグはどんな付録?

普段使いから旅行まで!らしさ全開の総柄ボストンバッグ
目を引くデザインと機能にこだわった特大サイズの逸品だ。

宝島チャンネルより

SIZE(約)
W48×H27×D27㎝[最大]
ハンドルの長さ 52㎝
ショルダーストラップの長さ 130㎝[最長]

宝島チャンネルより

メッセンジャーバッグver.も同時発売です。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・A4ノート見開き(A3ヨコ相当)が入るサイズ感

メッシュポケット・・・A4ノート横向き

最大容量は1.5Lペットボトル10本分です。

<実測サイズ>
タテ27×ヨコ48×底面28cm
ショルダーストラップ/ベルト・・・最短68cm 最長131cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り、ポリエステル、POM

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

表は目の細かいポリエステルで、さらっとなめらかな肌ざわり。裏PVC貼りのためパリッとしたコシのある質感です。

バッグの柄はプリント。にじみや印刷ズレもなくきれいに印刷されています。

裏地はなく、つるっとしたPVC貼りがむき出しの状態です。バッグの中は少しPVC特有の刺激臭を感じました。

付録の品質はどう?

縫製の幅は4mmと、既製バッグに比べるとやや大きめ。またバッグ内部の縫製をはじめ、あちこちに糸の絡まりや糸の飛び出しがみられました。変形はないものの、付録らしい仕上がりです。

▼持ち手

 

▼持ち手のカバー

▼バッグの底にも

付録を使ってみた感想は?

・ショルダーベルト
ななめ掛けする場合、バッグが大きいのでウエスト位置に開口がくるほうがちょうど良いです。身長161cmの私だと、84cmがウエストに開口がくる長さでした。

ショルダーベルトは今まで見てきた付録の中で、一番太い幅5cm。厚みがあり重たい荷物でもへたりにくく、肩にかけたときにも安定感がありました。なめらかな生地で滑りも良く、ベルトを引くだけで長さ調整できて使いやすいです。

・持ち手
このバッグの持ち手は、カバー付きなのが特徴。持ち手をまとめられるだけでなく、手へのあたりが優しくなる効果もあるのが嬉しいです。スナップボタンも硬すぎず緩すぎず、使いやすい硬さでした。

肩掛けはできるものの脇のすぐ下に開口がくるため、ショルダーベルトでななめ掛け、もしくは手で持つほうが使いやすく感じます。

・メッシュポケット
中身が一望できる、メッシュ仕様なのが便利。大きめサイズのポケットでもどこに何があるかわかりやすいです。ただマチがないため、厚みのあるものは入れにくい点が惜しいと感じました。

・ファスナー
メインファスナー、メッシュポケットのファスナー共に滑りが良くなめらかな動き。長さのあるファスナーも軽快に開け閉めできました。引き手に結ばれた紐のおかげで持ちやすさが増し、より開閉がしやすくなっているのが良かったです。

・耐荷重
バッグに突っ張りなく持てる重さは9kgまで。10kg以上でも耐えられそうではあるものの、バッグの突っ張りが少し目立つため、9kgという結果になりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ヒスのロゴがたっぷり入ったボストンバッグが、この価格で手に入るとは驚き!(ちなみに現在ヒスで販売されている、似たサイズのボストンバッグの価格は2万弱でした・・・)サイズも大きく、長めの旅行でも十分対応できそう&重たい荷物にも対応できる、太めで丈夫なショルダーベルトなのも嬉しいです。

縫製の仕上がりに多少気になる部分はあるものの、お得さが勝っているので私は気にしません。ファンならもちろん、ファンならずともお得を感じられるバッグだと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

HYSTERIC GLAMOUR 35th Anniversary Book Limited Edition

発売日:2019年12月3日(火)
価格:2,690円+税
宝島社