雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

Seventeen(セブンティーン)2020年2月号《特別付録》MILK FED.(ミルクフェド)ボアきんちゃく&ロゴ缶バッジセット【購入開封レビュー】

MILK FED.(ミルクフェド)ボアきんちゃく&ロゴ缶バッジセットはどんな付録?

特別付録は大人気ブランドMILKFED.の付録第2弾「ボアきんちゃく&ロゴ缶バッジセット」

ST Channelより

「(ボアきんちゃく)縦9cm×横11.5cm×マチ4.5cm (缶バッジ)直径3.8cm(本誌表紙より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

きんちゃく・・・交通系ICカードが縦向きに入るサイズ感

最大容量は丸めたハンドタオル(タテ26×ヨコ25cm)1枚分です。

缶バッジ・・・500円玉よりふた回り大きいサイズ

<実測サイズ>
きんちゃく:タテ10.5×ヨコ12×底面4.5cm
缶バッジ:直径3.8cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> <ポーチ>ポリエステル <缶バッジ>スチール

<製造国> MADE IN CHINA


きんちゃくのみ:付録素材を見た、触れた感じは?

表面はボア。ぬいぐるみなどで良く見るような、丸くもこもこした毛並みの生地です。生地は柔らかくふわっとしていて、厚みがあります。

中は目の細かいポリエステル。つるっとなめらかな触り心地で、柔らかな質感です。中に顔を近づけても、特に気になる臭いはありません。

きんちゃくのみ:付録の品質はどう?

凹凸の激しい生地のためか縫い目の幅は一定にならず、2〜4mmとばらつきがあります。また、紐通し部分の縫い終わりに糸の飛び出しも見られました。ボアの毛足が長いおかげで糸は目立ちにくいものの、既製品には及ばない品質です。

付録を使ってみた感想は?

・きんちゃく
もこもこな生地感のきんちゃくは、中にものを入れると丸くなり、より一層ぬいぐるみのような見た目になって、かわいさがアップ。コンパクトながら手がすっぽり入るサイズの開口で、中身の出し入れもしやすいです。

紐はスムーズに開閉できるものの生地が厚く、強く紐を引いても口が閉まりきらない感じがあります。紐を結べば開かないとはいえ、蝶結びができるほどの長さがありません。

口が開かないようにするには、玉結びするしかなく、開ける時に少し不便でした。

・缶バッジ
缶バッジは市販の缶バッジと変わりない仕様。安全ピンの硬さもちょうど良く、使いにくさは感じませんでした。

きんちゃくが無地でシンプルなため、缶バッジを付けるとアクセントになってちょうど良かったです。

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

きんちゃくの見た目はかわいくて好み。ただ箱を開けた時に思わず「小っさ・・!」と呟いてしまうほど、予想に反したコンパクトさと、生地の厚みで閉まりきらない開口がネックとなり「う〜ん」判定です。缶バッジを付けないと、無地で寂しく感じるデザインも気になります。

この生地感なら、個人的にはチャック付きのポーチの方が使い勝手が良かったのでは?と、少し物足りなさが残る付録でした。

購入した付録つき雑誌/ムック

Seventeen 2020年2月号

発売日:2019年12月28日(土)
価格:650円
集英社