雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】リンネル 2020年3月号《特別付録》MOOMIN×Samansa Mos2(サマンサモスモス)ムーミン谷の仲間たちのポーチ(2種)&ネームプレート3点セット

リンネル 2020年3月号増刊(2020年1月20日発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

MOOMIN×Samansa Mos2(サマンサモスモス)ムーミン谷の仲間たちのポーチ(2種)&ネームプレート3点セットはどんな付録?

ムーミンとリトルミイのポーチ&スナフキンのネームプレートの3点セットです。

ふろく.life予告ページより

ポーチ大:縦16×横11×マチ6㎝
ポーチ小:縦13×横9.5×マチ6㎝
ネームプレート:縦11×横7㎝

ふろく.life予告ページより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポーチ(大):B7サイズのカードケース

ポーチ(小):A7サイズのカードケース

最大容量
ポーチ(大):フェイスタオル(32×78cm)2枚

ポーチ(小):フェイスタオル(32×78cm)1枚

<実測サイズ>最大値
ポーチ(大)タテ16cm ヨコ14cm マチ7cm
ポーチ(小)タテ13cm ヨコ12.5cm マチ6.5cm
ネームホルダー:タテ11cm ヨコ7cm 厚み1枚0.3cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポーチ:塩化ビニル樹脂、ポリエステル、亜鉛合金
ネームプレート:塩化ビニル樹脂、ポリエステル、銅
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ポーチの大小は色は違いますが、素材は同じ。薄く細かいシボが入っていて、手触りはスルスルとしています。
ポーチを曲げてみるとしなやかにまがりますが、自立し、折れたままにはなりません。

縫いつけられているムーミンやリトルミイのワッペンの厚さは約2mmと、しっかりとした厚みがあります。手触りはポーチ本体と一緒です。

ポーチの内側は大小ともに、フエルトのようなケバケバした素材。触ると暖かみを感じます。

ネームプレートの表側はスルスルとした手触り。厚みがあるので、ふわっとした柔らかさがあります。

 

裏側はポーチの裏側同様、フエルトのようなケバケバした素材。やわらかみがあります。

付録の品質はどう?

ポーチの縫製はミシン目が揃いとても綺麗で、既製品同様といえます。

1点ピンクのポーチのファスナー部にへこみが見られました。

内側から見ると、パイピングが少し歪んで見えます。ファスナーの開け閉めにはとくに問題なかったです。

 

付録を使ってみた感想は?

■ポーチ

【開口部】
ポーチ大と小、両方の開口部のファスナーを連続10回開け閉めしてみました。とくに両方ともひっかかりなくスムーズです。
ポーチ全体の半分ぐらいがファスナーの開け口になっているので、ポーチの中は底の隅まで見渡せます。

【耐水性】
つるりとした手触りでしたので、耐水性があるかもしれないと思い水をかけてみました。
結果、しっかりと水をはじいて水滴になりました。タオルでさっと拭くだけで、水滴はなくなり裏に沁み込みもなかったです。

【匂い】
ポーチ(大小とも) 表側は特に匂いませんが、内側は、鼻を近づけるとビニールのような匂いがかなりします。

■ネームプレート
スナフキンのイラスト部分とプレート部分が上部で繋がっていて重なるようになっていました。
重なることで、名前など書いてもすぐには見えない仕組みです。

ネームプレートに普通のボールペンで書いてみました。ペンのすべりや発色がとても良く、しっかり読める文字がかけそうです。

ネームプレートには、特に気になるような匂いはありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ムーミンとリトルミイ、スナフキンのキャラクターが付いているポーチやネームプレートは、いろいろな用途で使えるので「あり」。
ポーチにはお化粧品を入れたり、ヘア用品を入れたりでき、持ち歩きにぴったりのポーチです。色も落ち着きのあるブルーとピンクが大人可愛い色でした。
ネームプレートは個人情報が一目でわからないように工夫されているのが嬉しい点。なくしたらダメなものなど、何に付けようか考え中です。

紹介した付録つき雑誌/ムック

リンネル 2020年3月号

発売日:2020年1月20日(月)
宝島社

付録違いの2020年3月号増刊も同時発売です。