雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】JUNKO SHIMADA SPECIAL BOOK

バンブー風ハンドルバッグはどんな付録?

島田順子オリジナルデザインのバンブー風ハンドルバッグ付き
JUNKO SHIMADAで大人気なヒョウ柄のバッグが本誌限定デザインで登場。目を引く大人なヒョウ柄に、裏地のロイヤルブルーがアクセントになっています。

宝島CHANNELより

バンブー風ハンドルで高級感UP!
ボタンで形を変えられる
ゴールドのロゴが映える
SIZE(約):W30(最大45)×H20×D16cm
宝島CHANNELより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体はB5、内ポケットにはB6サイズのカードケースがすっぽりと入ります。

最大容量は2リットルのペットボトル2本、500ミリリットルのペットボトルが5本入りました。

<実測サイズ>
タテ20cm ヨコ30cm マチ16cm ポケット13.5×19.5cm
バンブー風ハンドル・・・全長34.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>ポリエステル裏PVC貼り、ポリエステル、鉄、合金、プラスチック
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ本体の表面は素材にハリがあり、手触りはサラサラとしています。裏地と合わせて約2ミリの厚みがありました。

バッグ内側はつるりとした手触りの裏地が施されています。裏地と表地の間に柔らかいクッション素材が挟まれているようで内側から底や側面を触ると、ふわふわとしています。壊れモノを入れても保護してくれるような柔らかさです。

バンブー風のハンドルは、カシャカシャとしプラスチック製。見た目はバンブー素材に見えますが、触ると竹ではない手触りで違いがわかります。

付録の品質はどう?

バッグ本体はとても綺麗に揃ったミシン目で、歪みなどは特に見られず、糸の始末も問題ありませんでした。バンブー風ハンドルバッグは既製品同様と言えます。

1点、バンブー風ハンドルの一部に傷がありました。
付録を出した際は、薄いビニール袋にハンドル部分はおおわれ傷防止が施されていたので、写真を撮っている際に傷が入ってしまったようです。
粗く扱ってはおらず、強い衝撃ではありませんがハンドル同士が当たったときがあったのでその際かもしれません。軽くても傷が入るかもしれないので少し気をつけて使ったほうがよさそうです。

付録を使ってみた感想は?

【サイズ感】
ハンドルを手で持ち身長161cmで提げた場合は、バッグ底部は膝あたりです。
肩にハンドルをかけてみましたが、表面がツルリとしているハンドルは肩から落ちてしまうので向いていませんでした。

【バンブー風ハンドル】
ハンドルは約1.5cmの幅があり2本で3cmになるので、持つには結構太めのサイズになります。

プラスチックで固い素材なので、長時間握っていると少し手が疲れてくる恐れがあります。

【開口部】
開口部は大きく開き、底までよく見渡せます。モノを入れやすく取り出しやすいです。
サイドにボタンがあり、留めると見た目の形が変わります。

ボタンを留めると開口部のマチを折りたためます。

開口部のサイドが少し狭くなりますが、中央は変わらず開くので特に底が見にくくなることはありません。

【匂い】
特に気になるような匂いはありませんでした。

【耐荷重性】
約5キロのものを入れてバッグを持ってみました。ハンドル部と本体の継ぎ目などは特に問題はありませんでしたが、底部に歪みが見られたので、これ以上重いものを入れる場合は様子を見ながら入れたほうが良さそうです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

大人感が漂うヒョウ柄のバッグは、素材もしっかりしていて容量もたくさん入り、これから使いたいバッグなので「あり!」です。
バンブー風のハンドルは見た目は本当に竹素材に見え、知らない人が見たら高級感にびっくりするかもしれません。ちょっとオシャレして、大人雰囲気で持ち歩きたいバッグです。

購入した付録つき雑誌/ムック

JUNKO SHIMADA SPECIAL BOOK

発売日:2019年12月26日(木)
価格:2725円+税
宝島社