雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】SNOOPY(スヌーピー)コンパクト本革財布 BOOK

コンパクト本革財布はどんな付録?

見た目は大人が持てるシンプルなデザインを追求し、中身は収納力にこだわったお財布。
使うほどに本革ならではの味わいが深まり、愛着がわきます。

宝島CHANNELより

薄さから想像できない収納
リッチな本格レザー財布
小さくたためて大きく広がる

サイズ(約)タテ10×ヨコ11cm
お札入れ 幅19cm

宝島CHANNELより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポケットティッシュとタテはほぼ同じ大きさです。

お札入れの2つのポケットには一万円札がすっぽりと入ります。

カード入れはコンビニのカードなどがちょうど入ります。

小銭入れはマチが広く、たくさんの小銭が入ります。

小銭入れの外側には、交通系ICカードがぴったり入る隠しポケットがありました。

カード入れには最高7~8枚のカードが入ると記載されていたので、8枚入れてみました。
上段2枚、中・下段3枚ずつです。上段にもう一枚入れてみたのですが途中までしか入らないうえに、ほかのカードが抜きにくくなっていたので、やはり8枚が限度のようです。

<実測サイズ>
お財布本体:タテ10.5cm ヨコ11.5cm(閉じている場合)24cm(開いている場合)厚み2cm
コインポケット7×9×4cm
カード入れ 上5×9cm 中6×9cm 下4.5×9cm
お札入れ タテ8.5cm ヨコ19cm マチ3cm(外側)2cm(内側)

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 牛革・ポリエステル・PVC
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

スヌーピーの財布の表側はシボが入っている牛革素材。スベスベした手触りです。スヌーピーの柄は型押しされています。

お財布の内側は表と同じ革素材部分、ウッドストックのモノグラム柄のサラリとした手触りの裏地が施されている部分、白いメッシュの裏地が施されている部分で分かれていました。

付録の品質はどう?

お財布の内側に縫製のズレや汚れなどが見られるため、付録同様品と言えます。

お財布を広げた内側左のお札入れとカード入れが繋がっている蛇腹部分にズレが見られました。右側はズレはありません。

お財布の底部はコーティングされているのですが、キレイに見えないものでした。

お財布を開いて左側。コーティングされている部分がボコボコとしています。

右側はキレイです。

お札を入れを広げて中を見ると、接着剤の跡のような汚れがありました。

付録を使ってみた感想は?

お財布の開口部のファスナーを10回連続で開け閉めしてみました。引っかかることはなく、スムーズに動きました。ただ、ファスナーはお財布をぐるりと囲んでいるわけではなく、上部のヨコ方向から始まり、タテの底部近くまでなので、今まで使ったことのある財布とは仕様が違い、少し違和感を感じます。

コインケースのボタンを10回連続で開け閉めしてみました。とくにボタンが取れたり閉まらなかったりなどのトラブルはなく、スムーズに開け閉めできました。

お札入れのマチが大きいので大きく開き、お札が出し入れしやすいです。
コインケースもお札入れに比べたら小さくは見えますが、特に出し入れしにくいなどはありませんでした。

 

本革のお財布で革の香りに期待しましたが、お財布の表面はとくに匂いはありません。お財布を広げた内側はかすかに革の匂いがする程度でした。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

本革の財布で高級感があるのですが、接着剤の跡や造りで気になる点があったので「うーん」です。
スヌーピーやウッドストックはとても可愛いく、とくにお札入れのウッドストックのモノグラム柄はお気に入り。それだけに、歪みやズレは気になってしまいます。
ただ使っていくうちにもっと愛着がわいて、革もなじんでくるとは思うので気長に使いたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

SNOOPY コンパクト本革財布 BOOK

発売日:2019年12月28日(土)
価格:2700円+税
宝島社