雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMax(モノマックス)2020年3月号《特別付録》アーバンリサーチお金が貯まる整理ケース

MonoMax(モノマックス)2020年3月号の通常版付録「アーバンリサーチお金が貯まる整理ケース」の見本品を出版社さまのご厚意でいただきましたので、いちはやく当記事にて紹介致します。

発売前の見本品のため、実際に販売される付録とは異なる部分がある可能性があります。予めご了承くださいませ。

MonoMax 2020年3月号は2020年2月7日(金)発売予定です。

※同時発売のセブンネット&セブンイレブン限定販売、MonoMax(モノマックス)2020年3月号増刊号の付録「アーバンリサーチ コイン仕切り財布」のレビューはこちら

アーバンリサーチお金が貯まる整理ケースはどんな付録?

仕分けしてお金の管理もラクになるマルチケースです。

出納帳やメモ書きとして使えるノート付き
クリアジップケースが4枚付属!カードやコインも入れられます

付録ライフより

スライダーケースは全部で4個、メモは20枚ありました。

MonoMax 2020年3月号
発売日:2020年2月7日(金)
出版社:宝島社
価格:税込み980円※1月19日現在

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> 本体/ポリエステル 金属/鉄 スライダーケース/PVC リフィル/紙

サイズはどれくらい?

【本体】

B6サイズ縦より少し大きめのサイズです。

【本体内】

本体内ポケットにはそれぞれ下記のものが収納できました。

①パスポート
②ポケットティッシュ
③交通系カード
④年金手帳
⑤通帳
⑥~⑨交通系カード

【その他】

・メモ帳・・・ポケットティッシュ大
・スライダーケース・・・1,000円札×10枚入れても余裕があるぐらい

付録を使ってみた感想は?

感想まとめ

・ケース内に下敷きのようなものが入っておりしっかりとしたつくり
・ファスナー&スライダーケースの開閉もスムーズで使いやすい
・各ポケットにカードや通帳などを沢山収納できるので便利

ケース素材は、すべらかなポリエステル。触るとサラサラしています。

縫い目は4mm~5mmで、既製品ほど細かくありませんが、おおむねキレイに揃っていました。

ケース外側パイピングは、少し生地の幅が違う箇所があったものの、気になるほどのレベルではありません。

ケース内側の縫い目はピシッとキレイに揃っています。

 

リングリフィル金具は力を入れなくてもスムーズに開けられます。

 

スライダーケースの開閉もバッチリ!個人的にスライダーケースの開閉する際のにゅわっとした感覚が好きです。何回も開けたり閉めたりしちゃいます。

メモ帳はペラペラして薄手。下敷きがないと、ペンでぶすっと破ってしまいそうです。

スライダーケースの上から文字を書く分には問題ありません。

ザラっとした紙質ですが、字はスムーズに書けました。

 

裏うつりはしますが、メモとして使うには気にならない程度。

向かって左側のポケットは一見同じようなサイズに見えますが、実際には深さがバラバラなので、どこに何を入れるかを定位置を決めるまで迷ってしまいそう。

とはいえパスポートやら領収書やらをまとめて収納できるのはとても便利だと思います。

ちなみに、過去に付録になったシップスのマルチケースや、リサ・ラーソンのマルチケースと大きな違いはありません。

アーバンリサーチのロゴとデザインがオシャレです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

お金が貯まる系のマルチケースはすでに5個持っていますが、今回のこちらのマルチケースが一番デザインが好みなので「あり」!

それぞれ仕事用、生活費、教育費用、個人用と細かくわけて使っていましたが、こちらの付録は食費用として財布のようにそのまま使ってみようかなと思います。

スライダーケースが4枚あるので1週間ごとのお金を収納すれば計算や管理が楽になるかとひそかに期待しています。

紹介した付録つき雑誌/ムック

MonoMax 2020年3月号
発売日:2020年2月7日(金)
出版社:宝島社
価格:税込み980円※1月19日現在