雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】BAILA(バイラ)2020年5月号≪特別付録≫イエナ×BAILAガーメントバッグ

イエナ×BAILAガーメントバッグはどんな付録?

 

今月の付録は、旅行用としてはもちろん、デイリー使いにとっても便利なガーメントバッグ。巾着型のコンパートメントと小物整理のポケットつきで、使い勝手バツグン!

本誌p.131 より

size(約)高さ18.5㎝×幅28㎝×マチ7.5㎝

本誌表紙より

 

旅行へ行った時などに、ごちゃごちゃになりがちな小物や洋服の整理が綺麗にできそうです。内側に巾着型のコンパートメントがあるので、バッグの中で仕分けができて便利です。

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

 

コンパートメントの中にはA5サイズが余裕で入りました。コンパートメントなしのバッグの中には、B5サイズがきゅんきゅんですが入りました。

内ポケットは、ショップカードが2個分くらい、B6サイズの半分くらいの大きさです。

 

 

 

 

<実測サイズ>

タテ18cm ヨコ28cm 高さ7cm 内ポケット13.5×12cm ×2個

持ち手 15×2cm

 

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> PVC ポリエステル 亜鉛合金 PP

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

 

表の生地は、つやつやしたハリのある素材です。適度に厚みがあり、しっかりとしています。

フタ裏部分には、ポケットがついているため、裏地がついていてしっかりと作られていますが、底部分は裏地がついていません。裏地がなくてもわりとしっかりとした厚みがあるので、問題ありませんが、コストカット感が漂う、付録らしい作りと言えます。

コンパートメントの生地は、ハリがあり、シャリっとした素材です。薄すぎず、厚すぎず、使いやすい感触でした。

ゴールドのファスナーが高級感があります。開け閉めには問題ありません。

撥水実験もしましたが、問題なくしっかり撥水してくれました。スパなどにも持って行ってしっかり活用できそうです。

 

 

付録の品質はどう?

 

ところどころ、始末が甘いなと感じる部分がありました。目に見えない、目立たない部分なので、ぱっと見は問題ありませんが、市販品に比べると詰めが甘く、ディテールはやや劣る、といったところでしょうか。

また、袋を開けた瞬間、においが少し気になりました。ただ、1時間ほどするとそれほど気にはならなくなりました。

付録を使ってみた感想は?

 

コンパートメント部分にフェイスタオルを2枚入れてみて、巾着をきゅっと絞ってみました。最後までぎゅー――っと口が閉じないのが、少し後味が悪い感じです。あまりたくさんのものを入れると絞り込めません。

また、フタ部分に直接ファスナーを縫い付けてあるため、ファスナーが角の部分にさしかかると、とても閉めづらかったです。パイピング部分をいちいち指で中に入れてファスナーを閉じねばならないので、ひと手間かかってしまいます。けれど、これをしないとファスナーが生地に噛んでしまう可能性があるので、必須作業です。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ところどころ付録クオリティーの突っ込みどころはあったのですが、本当にちょっとしたことなので、致命的に悪い、ということもなく、「あり!」だと思います。

IENAらしいフレンチシックな小花デザインが可愛らしく、派手過ぎない上品な大人っぽい仕上がりです。なんといっても、デザインが筆者の好みなので・・・というより、IENAと聞いた瞬間「あり!」決定でした。

旅行用のガーメントバッグは持っていなかったので、このバッグに色々入れて旅立つことを、またまたあれこれ妄想するのが楽しいです。

厚みがそこそこある素材で作ってあるため自立することができ、シックなデザインなので、インテリアに使ってみても良さそうです。小物整理に利用して、リビングに置いたりしてもサマになりそうですね。

STAY HOME おうち生活が続くようなので、いつか行ける旅を夢見つつ、今はリビングで、このガーメントバッグを活用していきたいと思います。

 

 

 

購入した付録つき雑誌/BAILA(バイラ)2020年5月号

誌名 BAILA(バイラ)2020年5月号
出版社 集英社

特別定価:920円(税込)

2020年4月11日(土)発売

表紙:中村アン