雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】MAQUIA(マキア) 2020年6月号≪特別付録≫ オバジXリフトローション・C25セラムネオ

 オバジXリフトローション・C25セラムネオはどんな付録?

 

リフトローションについて
柔らかいとろみがすっと肌になじむ、優れた浸透感の化粧水。
すみずみまでうるおいで満たし、ハリ土台にアプローチします。

C25セラムNEOは、毛穴からハリまで全方位ケア。
毛穴やくすみだけでなく、年齢とともに気になる口元などの乾燥小じわなど、多角的にアプローチ。肌にうるおいを与え、クリアでハリに満ちた肌に導く美容液です。

オバジObagiロート製薬公式HPより

オバジXリフトローション

健康的な肌に宿るツヤを叶えます。 ホワイトプラチナ=白金(基剤)、ビルベリー葉エキス、チャ葉エキス、ヒアルロン酸Na(保湿成分)

オバジObagiロート製薬公式HPより

 

C25セラムネオ

オバジの製品開発史上、これ以上配合することは不可能と言われたビタミンC濃度を、開発構想から15年以上かけて、配合に成功しました。

ゴマ科の“デビルズクロー”という植物の根から抽出した、ロート製薬オリジナルのエキス。
古くからヨーロッパやアフリカで人気があり、肌にハリを与える潤い成分です。

オバジObagiロート製薬公式HPより

 

使用方法は、通常のローションや美容液のように使いますが、本誌p.90に、美のカリスマ石井美保さんによるレクチャーが掲載されています。ちょっとした工夫でさらに使用感がアップするようです。

 

原産国は?成分は?

オバジXリフトローション

<製造国>  特に記載されていませんでした。

<成分>  水 BG グリセリン エタノール カプロオイルテトラペプチド・3 コラーゲン  他

C25セラムネオ

<製造国>  特に記載されていませんでした。

<成分>  エトキシジグリコール アスコルビン酸 水 PEG-8 ベタイン 他

 

付録ではどれくらいの容量入り?

オバジXリフトローション

<容量> 18ミリリットル

オバジXリフトローションの定価は、150mℓで5000円(税抜)。付録の容量が18mℓなので、600円分になります。

 

 

C25セラムネオ

<容量> 0.4ミリリットル/1個

C25セラムネオの定価は、12mℓで10000円(税抜)。付録の容量が0.4mℓ×2個なので、667円分になります。

 

 

付録を試してみた感想は?

オバジXリフトローション

早速 ボトルをあけて中身を確認。ボトルに中ブタがあり、一滴づつ注ぐことができるので、こぼすことなく使えます。

ボトルをあけてみた時に、ス―――っと何とも言えない、薬のような香りがしました。なんでしょうか、薬草のようなさわやかな香りです。気になって調べたところ、ロート製薬のサイトに、フランキンセンス、ローズマリー、ゼラニウムの香りと記載されているので、どうもハーブの香りだったようです。一瞬、「さすが製薬会社、ロート製薬の化粧品も薬の香りなんだー」なんて感じてしまった自分が申し訳ないです。

気を取り直して実際に使用してみます。伸ばしてみると、あっけないほどスルッと顔全体にまんべんなくいきわたりました。

さらさらした液体は、浸透力も抜群です。ほのかに薬のようなハーブの香りが残るのも、爽やかでリフレッシュできます。なんとなく肌も頭もスッキリする気がしました。

 

C25セラムネオ 

こちらも開封して手に出してみました。よく見るとややオレンジのような色味をしています。こちらもロート製薬のサイトに、「爽やかなエンリッチドグレープフルーツの香り」とありました。柑橘系の爽やかな香りがします。いかにもビタミンCが含まれていてお肌によさそうです。こちらも、バリバリの柑橘系の香りというよりは、なんとなく遠くの方でどこか薬草っぽい香りがしました。

液体状ですが、こちらは先ほどのオバジXリフトローションよりもとろりとしたテクスチャー。液体状にさらっと伸びはいいのですが、とろりとしたうるおい感が残ります。けっこうなうるおい具合です。肌を覆うような、ちょっとべたつく感触を覚えましたが、時間がたつにつれ、しっとりと肌の内部にしみ込み、モチモチ感に変化していきました。べたべた感は残っていません。

 

 

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

オバジXリフトローション・C25セラムネオの薬草っぽい、柑橘系の香り、実は、とても好みの香りでした。これは人により好き嫌いが分かれるかと思いますが、筆者は甘いフローラル系の香りよりも、さっぱりした柑橘系の香りが好きなので、この二つの使用後感が気持ちよかったです。

オバジXリフトローション・C25セラムネオ、両方の付録を合わせて1267円という本誌越えのコスパは、嬉しい限りです。しかも、C25セラムネオが2回分、オバジXリフトローションはボトル入りと、続けて使って試せるのもいいですね。

シリーズの中でエイジングケアとしては最高品質のオバジXリフトローション・C25セラムネオ。付録としてついてこなければ、なかなか筆者とはご縁がなかったのではないかと思われます。そんな化粧品が気軽に使えて、雑誌とともにこのお値段なら、ダンゼン「あり!」

このごろ対面でのおしゃべりもままならず、口コミで情報を得ることももなかなか難しいので、こういった付録から貴重なコスメ情報を手に入れて、おうち生活を楽しみたいと思います。

 

 

購入した付録つき雑誌/MAQUIA(マキア) 2020年6月号

誌名 MAQUIA(マキア) 2020年6月号
出版社  集英社

発売日 2020年5月22日(水)

定価 690円(税込)

表紙 安達祐実