雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】 リンネル 2020年7月号増刊号≪特別付録≫MOOMIN × Finlaysonステンレスボトル

2020年5月20日(水)発売のリンネル 2020年7月号セブンイレブン&セブンネットショッピング限定増刊号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」にてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。
リンネル 2020年7月号は付録違いで通常版と、ファミリーマート、ローソン、HMV、Loppi限定版とも同日販売となっております。

MOOMIN × Finlaysonステンレスボトルはどんな付録?

本誌だけのスペシャル柄!

ポケットサイズで持ち運びしやすい

ビジネス用のバッグやおしゃれな小ぶりバッグにもすっぽり

宝島CANNELより

 

色違い、柄違いで2種類の中から選べます。

ムーミンやリトルミイ、スナフキンなどが勢ぞろい、元気いっぱいの白ベースのイラスト。

やわらかくて愛らしいパウダーピンク。スノークのお嬢さんがお昼寝していてロマンチックなイラストです。

サイズ:高さ14×直径4.5cm

容量:125mL

宝島CANNELより

 

原産国は?素材は?

 

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記> ステンレス鋼 ポリプロピレン シリコーンゴム

サイズはどれくらい?

500mℓペットボトルよりもひとまわりコンパクトサイズ。

片手でしっかりと持ててしまうサイズです。

<実測サイズ>

高さ・・・14.5cm

直径・・・4.5cm

 

 

付録を使ってみた感想は?

 

底の部分には、シリコンゴムのすべり止めがついていて倒れにくい構造です。

ふたをあけて中をのぞくと・・・いたってシンプル。ふたをあけて直飲みするスタイルです。

大雑把な筆者はよくこのタイプのボトルの口をゆがませてしまい、中身が漏れるようになってしまうことが多々あります。

そんな時でも、フタにパッキンがついていれば心配ないのですが・・・ぱっと見、パッキンのようなものはついてないみたいです。

念のため、隙間からピンセットを入れて感触を確かめましたが、(狭くて指が入らなかったのです・・・)シャリシャリと、金属をこする感触がありました。

結論、ふたにパッキンはついていません。

ボトルの口をゆがませないように、丁寧に使っていく必要があります。

(表示の「パッキン:シリコーンゴム」とはどこを指してるのでしょうか?ボトルの底のすべり止めでしょうか? )

「保冷」ボトル、とは記載がないので、保冷、保温効果は期待できないのでしょうが、一応少しだけ検証してみます。

130mℓの氷水を入れて1時間放置してみましょう。

ちなみに、きちんとふたを閉めたあと、ブンブンふってみたり転がしてみたりしましたが、中の水はこぼれませんでした。

 

1時間後、ボトルはひんやり冷たかったのですが・・・

残念。氷はすっかり溶けていました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

今大流行中のコンパクトステンレスボトルは、じつはひそかに今シーズン欲しいなあと狙っていたグッズでした。

思った以上にコンパクトでしたが、これなら筆者の小さなカバンの中にもスッキリ入って、いざという時の水分補給にちょうどいいです。

中のドリンクを冷たく保ちたい時には、保冷バッグを使うなどすれば大丈夫です。

リンネル7月号通常号や、リンネル7月号ファミリーマート、ローソン、HMV、Loppi限定版常号の付録と一緒に使って、楽しむのもおすすめです。

ムーミンとフィンレイソンの北欧最強タッグプリントは、北欧好きにはたまりません。
MOOMIN×Finlayson コンパクトサイズのステンレスボトルがあれば、日本の暑い夏も、北欧気分で涼しく過ごせそうです。

 

紹介した付録つき雑誌/リンネル 2020年7月号増刊号

 

誌名 リンネル 2020年7月号増刊号
出版社 宝島社

発売日2020年05月20日

販売価格 : 1,227円 (税込:1,349円)

7ネットオムニ7より