雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】 リンネル 2020年7月号≪特別付録≫ MOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄 保冷バッグ& ペットボトルホルダーセット

2020年5月20日(水)発売のリンネル 2020年7月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」にてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。
リンネル 2020年7月号は付録違いで、ファミリーマート、ローソン、HMV、Loppi限定版セブンイレブン&セブンネットショッピング限定増刊号も同日販売となっております。

MOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄 保冷バッグ& ペットボトルホルダーセットはどんな付録?

 

『リンネル』7月号の特別付録は、今年75周年のムーミンと、200周年を迎えるフィンランドのテキスタイルブランド、フィンレイソンの特別なコラボレーションによる、保冷バッグペットボトルホルダーのセットです。
どちらの柄も、ムーミンとフィンレイソンによる希少な柄で、手に入るのはこの機会だけ。貴重なアイテムをぜひチェックしてください。

FASHION BOX | 宝島社より

MOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄  保冷バッグ

実用性がありそうで、期待が膨らみます!

 

MOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄 ペットボトルホルダー

ちょこんと垂れたストラップがかわいいですね。

ムーミンに出てくる「ニョロニョロ」を彷彿させるフォルムだと感じました。

 

 

サイズ(約)

保冷バッグ:H19×W27×D13cm
ペットボトルホルダー:高さ22×直径7.5cm

FASHION BOX | 宝島社より

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

 

MOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄  保冷バッグ

B5サイズのカードケースがヨコでぎりぎり、入るか入らないか・・・いや、厳密にいうと入りませんでした。内寸は、B5サイズより若干小さめです。

500mℓペットボトルを入れてみました。FASHION BOX | 宝島社に紹介してあるように、6本タテで入りました。容量はたっぷりです。

 

MOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄 ペットボトルホルダー

こちらは、500mℓペットボトルがジャストサイズ。ちらっと顔をみせるペットボトルのキャップが、ひょっこりはんみたいでユーモラスです。

 

<実測サイズ>

保冷バッグ タテ19.5cm ヨコ28cm マチ13cm

ペットボトルホルダー  タテ22.5cm  直径8cm

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> ポリエステル ポリプロピレン 塩化ビニール樹脂

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

 

保冷バッグ

表面はマットな光沢のあるポリエステル製。シャリシャリした手触りです。裏面に保冷素材があわせてあり、ふかふかしています。ずらして表面だけの感触を確認したところ、しっかりとした、ある程度の厚みのある素材でした。

 

 

ペットボトルホルダー

こちらも柄違いですが、保冷バッグと同じ素材です。

 

付録の品質はどう?

 

縫製はまっすぐきれいに施されています。

縫い目の間隔は約4㎜。ちょうど良い間隔です。裏から確認しても、目立つような不具合はありません。

 

付録を使ってみた感想は?

 

保冷バッグ

かなり容量が多いので、重みに耐えるためか、しっかりと作られています。持ち手も折り曲げて2重に縫い合わせてあり、重いものでも持てる仕様になっていました。

自立するので、雑に置いておいても型崩れしません。ただ、しっかりしすぎていてファスナーを開けて、中身を出し入れする際に、入口のファスナーがついている口部分が邪魔だなと思いました。

あと、この保冷バッグがダブルファスナーではないのが、ちょっと残念でした。

 

ペットボトルホルダー

ペットボトルがジャストサイズなので、さらに保冷剤を入れて冷やそうと思ってもこんな風になってしまい、「子なきじじい」を背負わされた人間のような、情けない格好になってしまいます。

これでもなんとかムリムリファスナーを閉じることができましたが、なぜかこちらはダブルファスナーになっていました。

たしかに「子なきじじい」ではなく保冷剤を、ムリヤリ押し込むときには、ダブルのありがたさを実感しましたが、世の中に筆者のような無茶な使い方をする人間が他にも大勢いるのだろうか?

いまいちダブルであることの意味が見いだせず、なんなら保冷バッグのファスナーと交換してくれたらよかったのに・・・と上から目線なことをぼんやり考えてしまいました。

子なきじじい、一時間後には半分ほど溶けていましたが、ペットボトルは冷たくて、ちゃんと保冷効果が保たれていました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

夏が近づくと、保冷バッグを新調したくなります。特に筆者は日本有数の暑い街に住んでいるため、保冷バッグは必須。このMOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄 保冷バッグ& ペットボトルホルダーセットは待ちに待った付録でした。

付録の模範生の保冷バッグは、お弁当を入れて持ち歩いたり、旅行に行くときにドリンクを入れたりして活躍してくれそうです。

ニョロニョロとか、子なきじじいとか、さんざんひどいいわれようでしたが、このペットボトルホルダー、筆者はとても気に入りました。

実用性はもとより、レトロテイストのムーミンプリントがかわいらしく、子どもっぽすぎないデザインがヒットです。

このMOOMIN × Finlaysonコラボレーション限定柄 保冷バッグ& ペットボトルホルダーセット、もちろん、判定は あり!◎です。

 

紹介した付録つき雑誌/リンネル 2020年7月号

誌名 リンネル 2020年7月号
出版社 宝島社

表紙:浜島直子

特別定価:本体1136円+税

発売日:2020年5月20日

宝島CANNELより