雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMaster(モノマスター)2020年7月号《特別付録》ロゴスの軽量&撥水デイパック

MonoMaster(モノマスター)2020年7月号(2020年5月25日(月)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でフラゲレビューとしてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

ロゴスの軽量&撥水デイパックはどんな付録?

ロゴス 全天候対応 軽量リュック
アウトドア、旅行、買い物に最適!
折りたたんで持ち運べるポケッタブル仕様です。

FASHION BOX | 宝島社より

【サイズ(約)】
デイパック時:H40×W25×D8cm
折りたたみ時:H17×W25×D3.5cm

FASHION BOX | 宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

本体にはB4サイズのカードケース、フロントポケットにはA5サイズのカードケースがそれぞれすっぽりと入りました。

最大容量はタテに入れた2リットルのペットボトルが3本、ヨコ向きに入れた500mlのペットボトルが4本、全部入りました。

<実測サイズ>
タテ43cm ヨコ25.5cm マチ8.5cm フロントポケット16×25.5cm
ショルダーベルト・・・最短39cm 最長80cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル
<製造国> 中国 MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

柔らかめでなめらかな手触りの素材です。サラッとしていて軽さを感じました。

内側は外側よりツルリとした裏地が施されています。表地より、少し薄手でパリッとした手触りでした。
ポケット部分の裏側には、LOGOSのロゴマークがプリントされています。たたんで使用する際、このロゴマークが表になります。

付録の品質はどう?

ミシン目は揃い真っすぐに縫われ綺麗な縫製でした。気になる点は特になく、既製品同様と言えます。

付録を使ってみた感想は?

【サイズ感】
161cmの身長で底部が尾てい骨あたりにショルダーを調整し背負うと、開口部は肩甲骨あたりです。思っていたより大きめで背中一面がデイパックになりました。男性用の雑誌の付録になるので、男性が背負うと、もう少し小さめに見えそうです。

【開口部】
タテの半分ほどまで開く頭合わせのスライダーが付いていて、開口部が広いです。
ファスナーを10回ほど連続で開け閉めしてみました。とくにひっかかりなどなくスムーズです。

ポケット部分も同様に開け閉めしてみましたが、こちらも特に引っかかりなどなくスムーズです。

【耐荷重性】
普段使う際、どれぐらいの重さに耐えられるかと気になり約7キロの荷物を入れてみました。
本体とショルダーのつなぎ目がのびてきていたので、重さは気を付けて入れたほうがよさそうです。

【防水性】
撥水デイパックということだったので、しっかり水を弾くかどうか、少しかけてみました。

表側に水をかけると水滴状になり、撥水加工が施されていることがわかります。タオルでさっと拭くだけで、水分はキレイにとれました。

内側は表のような粒のようにはなりませんが、水滴のようになります。タオルで拭くとすぐに乾きました。なんとなく湿った感じはしますが、気になるほどではありません。

【ポケッタブル】
この大きさのデイパックが驚きのポケッタブル仕様ということだったのでたたんでみました。
付録のみをいただいていたので、説明はなし。できるのか不安でしたが、約2分でできあがりました!

表に付いているポケットを裏返して、ヨコ幅を合わせ、ショルダー部分を整えたあと、1.2とリュックを折りたたみ、ポケットの中に入れるだけで簡単にできました。

なんせ不器用なので、たたみ方が少し雑なのか少し歪んでしまっていますが、たたみ方は難しくありませんでした。大きさを測ると、タテ16×ヨコ25.5×マチ2cmとA5サイズより一回り大きめぐらい。重さは140gと軽いです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

軽くて便利なデイパックはこれからウォーキングで使いたい!と思ったので「あり!」です。
とにかく軽く、縫製が綺麗でしっかりとした生地。撥水加工まで施されているので、急な雨にも対応できる点も嬉しいです。毎日ウォーキングには行かないので、普段使わないときにはポケッタブルサイズに小さくしておけると場所も取りません。
色合いも黒に白いファスナーがオシャレ感出ていて、私自身はかなり使えると思いました。ぜひチェックしてみてくださいね。

紹介した付録つき雑誌/ムック

MonoMaster 2020年7月号
発売日:2020年5月25日(月)
出版社:宝島社
価格:1,100円

予約ができる公式サイト「宝島CHANNEL」はこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの増刊号も同日発売です。一足早いフラゲレビューはこちら>>