雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMaster(モノマスター)2020年7月号増刊号《特別付録》ホグロフスのボトル付き極冷タオル

MonoMaster(モノマスター)2020年7月号増刊号(2020年5月25日(月)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でフラゲレビューとしてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

MonoMaster(モノマスター)2020年7月号増刊号はセブン‐イレブン、セブンネットショッピング限定です。

ホグロフスのボトル付き極冷タオルはどんな付録?

ホグロフスのボトル付き極冷タオル
ひんやりして気持ちいい冷感機能素材タオル2枚入り。
アウトドア、スポーツ、散歩 etc.首にかけて熱中症対策に。

FASHION BOX | 宝島社より

<冷感機能素材タオルの使い方>
1.水に浸して絞る
2.数回振る
3.首など冷やしたい体の部位にかける
【サイズ(約)】タオル:H85×W28cm ボトル:高さ17.7×直径5.5cm

FASHION BOX | 宝島社より

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> ポリエステル、PET、PP


サイズはどれくらい?

ボトルにタオル2枚が入っています。ボトル自体は、500mlのペットボトルより少し小さめでした。

タオルのタテサイズはA4と同じぐらいです。

<実測サイズ>
タオル タテ31cm ヨコ85.5cm
ボトル タテ17.5cm 直径5.5cm

付録を使ってみた感想は?

タオルは2枚入っています。薄手でさらりとした手触り。表は鮮やかなブルーとオレンジですが、裏側は濃紺とブラウンでした。

どれぐらい薄手かというと、透けるぐらいです。ただ、たっぷりと布の量があるので重なっていると透け感はありません。

使い方は、水に濡らし絞って数回振るだけ。熱いなという場所にかけます。首にかけると、ひんやりと気持ちいいです。濡らしたタオルですが、首元がびちゃびちゃになることはありませんでした。

この日は少し肌寒い日でしたので、お家の中で使っています。24度ほどの室内で3時間ほど巻いていてもひんやりとしていました。

外だと、もう少し早く乾いてひんやり感はなくなるかもしれませんが、水に濡らすだけでひんやり感は戻ってきます。またUVカット(UPF50+)機能があるので、首に巻いていることで首の日焼けを抑えられます。

色落ちするかもしれないという注意書きがあったので、洗濯の際はネットにいれましたが、特に色落ちは見られませんでした。外に約1時間干すと、しっかり乾いてまた使えるようになります。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

これからの暑い季節にひんやりとしたタオルがあると便利なので「あり!」。これで、日焼けを抑えられるのなら、お散歩にもってこいかと思います。また2枚あるので、1枚は自転車で30分かけて通勤している息子の首元に、暑い朝は、このタオルをかけて送りだしたいですね。

購入した付録つき雑誌/ムック

MonoMaster 2020年7月号増刊号
発売日:2020年5月25日(月)
出版社:宝島社
価格:1,250円

予約ができる公式サイト「宝島CHANNEL」はこちら>>(別サイトへ移動します)

セブン‐イレブン、セブンネットショッピング限定 販売詳細はこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの通常号も同日発売です。一足早いフラゲレビューはこちら>>