雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】MonoMaster(モノマスター) 2019年 1 月号【付録】イセタンメンズの多機能ポーチ

購入した雑誌/ムック


<雑誌> MonoMaster(モノマスター)2019年 1月号
<発売日> 2018年11月24日
<出版社> 宝島社
<価格> 980円(税込)

<コラボブランド> イセタンメンズ

どんな付録?


MonoMaster 1月号の付録は、イセタンメンズの多機能ポーチです。
札入れ兼ポケット×3、カード入れ×6と収納力が抜群。コインも入れられるので財布にも。チケットやメモ、スマホも入る収納力ばっちりのポーチです。

大きさは?

本体サイズ(実寸):20.7×11.2cm マチ0.5cm
ストラップ(実寸)19.7×1.6cm

素材は?使用成分は?

素材
・PVC(合成皮革)
・ポリエステル

購入した感想は・・・

MonoMaster(モノマスター) 2019年 1 月号の付録はイセタンメンズ、大きめサイズの財布兼用多機能ポーチです。

外観は合成皮革ですがやわらかく、ビニール感はありません。細かく入ったシボ模様もきれいで高級感があります。
ネイビーなので、ちょっと指紋がつくと目立つのが気になりました。イセタンメンズの刻印は小さいですがきれいに入っています。
ファスナーは光沢のあるシルバー。ネイビー×シルバーの寒色系の組み合わせはクールでスタイリッシュです。

縫製も大体きれいです。
後ろファスナーのところだけ、縫製が曲がっているのが気になりました。少しなので遠目からはわかりません。また、裏になるので大丈夫だと思われます。

開けてみます。L字のファスナーの開閉がスムーズです。L字のものはよく角のところでかんでしまうことが多いですがこちらは開けるのも閉めるのも引っかかりませんでした。後ろのファスナーもスムーズです。ファスナーがスムーズだとストレスなく使えていいですね、

中にはお札れ兼ポケットが3つ、、カード入れが6つついています。また、内側のファスナーがついたところは小銭入れとして使えるようです。
中はつるつるしたポリエステル生地。多少安っぽい感じが否めませんがカードの出し入れはすべりがいいです。

カードや小銭を入れてみました。収納力ばっちりです。薄めのカードなら2枚重ねても入ります。お札も外から見えないのでGOOD。
大きいのでお札のところにはハガキも入ります。旅行のチケットやコンサートチケットを入れてもいいですね。
また、もうひとつポケットがあるのでこちらにはパスポートや通帳を入れておいてもいいかも。
多機能、というだけあって必要なものをこれひとつにまとめておけるのがいいですね。便利だと思います。
気になるところはカサカサとした音。
あとはファスナーのところが大きすぎて、小銭入れとして使うには深すぎるため逆に取り出しにくいかな、と思いました。
印鑑などを入れるところにしてもいいかも。
財布として使うには大きすぎますがお金回りのものを入れておくにはちょうどいいサイズだと思います。

中にもスマホが入るサイズです。マチがないので膨らんでしまいますが、中に音楽プレーヤーを入れることもできますね。メモ帳やアドレス帳を入れておいてもいいですね。

外ポケットはスマホを入れるのにおすすめ、と書いてある通り、マチがあるためぴったりです。
頻繁に見る人でなければこちらに入れておくとスマートに財布と携帯を持ち歩けるので、これひとつでちょっとした外出ならOKといった感じです。

ストラップは取り外しが可能ですが、セカンドバッグに使う時はもちろん、財布代わりにバッグの中に忍ばせておくときも着けておいたほうがいいと思います。
本体がちょっとすべる素材なのでストラップがついていると安心ですし、バッグの中に入れておいても素早く取り出せます。

お得度メーター

半日財布として使ってみました。ちょっと小銭が取り出しづらかったのを除けばとっても使いやすいです。
さっと取り出して使う時に、ファスナーがスムーズなのがすごく良かったです。ストレスになりません。
ちょっとした買い物に行く時にこれひとつで大丈夫なのは嬉しいです。

付録フォトギャラリー