雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】Spring(スプリング)2020年8月号≪特別付録≫リラックマたたんでも可愛いエコバッグ

2020年6月23日(火)発売のSpring(スプリング)2020年8月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」にてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。
Spring(スプリング)2020年8月号増刊セブンイレブン&セブンネットショッピング限定増刊号は付録違いで同日販売となっております。

Spring(スプリング)2020年8月号はどんな付録?

 

癒やしのリラックマをお買い物のお供に

折りたたんで外ポケットにくるりと収納すれば、超コンパクト

バッグとして使っているときは、外ポケットに細々したものを入れられる

カラビナつきで、メインバッグにつけて持ち運ぶことも可能です

宝島CANNELより

 

サイズ(約)
高さ35×幅50×マチ18cm
(収納時)高さ11×幅15×マチ2.5cm

宝島CANNELより

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

 

大きく広げた時にはB4サイズのカードケースがヨコで入りました。

ポケットは、A6カードケースが入りそうで入らない、入ったけれどもファスナーが閉じない、微妙なサイズです。

<実測サイズ>

広げた時    35㎝×49㎝×17㎝

折りたたみ時  12㎝×15㎝×2.5㎝

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> ポリエステル PP アルミ 鉄

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

 

素材は薄いシャカシャカとしたポリエステル製。アウトドアでよく使われるような、格子に織が入った素材になります。

シャカシャカしていますが、硬くはないので、曲げるとしなやかに折れ曲がり、しわになることもありませんでした。

 

 

これは絶対に撥水するに違いない!という根拠なき自信があったのですが、実際に水をかけてみた様子が、下の写真です。↓↓

全然撥水してくれませんでした・・・。しかもあっという間に水がしみ込み、裏面までぬれてしまっていました。

付録の品質はどう?

ミシン目の感覚は約4㎜。歪みなく、きちんと縫製されていました。

裏面のパイピングの端もきちんと熱処理がされています。

ただ一箇所、下の写真のように、ほつれているところが気になりました。

表面で確認してみると、やはり、端がクシャッとなってしまっています。糸がほつれていて、ここから壊れていきそうな悪い予感がしました。

 

付録を使ってみた感想は?

 

いつものように、2ℓのペットボトルを中に入れてみたところ、6本のペットボトルが入りました。マチも広いので容量はたっぷりです。

身長160㎝の筆者が肩にかけて持ってみたところ、底部が太ももの付け根より下あたりに来ました。持ち手は長すぎず、ちょうど良い持ち加減です。

また、重たいものを入れて持ってみても、持ち手が頑丈なのと、持ち手をしっかり縫い付けてあるためか、安定感がある使い心地でした。

持ち手は↓の写真のように、3重で縫われています。

使わない時は小さく折りたたむことができるポケッタブル仕様。カラビナがつけられるようになっていますので、ここへカラビナをつけて持ち歩けます。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

7月からいよいよコンビニやドラッグストアでもレジ袋有料化が始まるとあって、エコバッグはいくつあってもうれしい付録ですね。

うっかりエコバッグを忘れてしまった!ということがないように、たくさんゲットして、カバンごとに入れて持っておきたい、これからの必須アイテムです。(これは、うっかりものの筆者にはあるあるですが、そうでない方は一緒にしてしまってすみません。)

撥水効果がないことは少し残念でしたが、濡れた箇所も1時間もしないうちに乾いてしまったので、あまり問題にならないと思います。

このリラックマたたんでも可愛いエコバッグは、その名の通り、たたんでもかわいい、カラビナでつけて持ち歩きたいエコバッグでした。

 

購入した付録つき雑誌/Spring(スプリング)2020年8月号

誌名 Spring(スプリング)2020年8月号
出版社 宝島社

特別定価:本体982円+税

2020年6月23日(火)発売

宝島CANNELより