雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMaster(モノマスター)2020年9月号《特別付録》SHIPS(シップス)カード一括管理高機能ミニ財布

MonoMaster(モノマスター)2020年9月号(2020年7月27日(月)発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でフラゲレビューとしてご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

SHIPSカード一括管理高機能ミニ財布はどんな付録?

『MonoMaster』9月号付録では、人気セレクトショップ・SHIPSとコラボレーション。レバーを引くとカードが瞬時に取り出せる、機能的なミニ財布が誕生しました。

FASHION BOX | 宝島社より

ICカード系は、カードが最も飛び出る側に入れてタッチさせればスムーズに決済可能。
さらにカードケース部分はスキミングの電波を遮断してくれる仕様。
【財布部分のサイズ(約)】
開いた状態/H9.8×W20.2cm 閉じた状態/H9.8×W7cm
【カードケース部分のサイズ(約)】
H9.5×W6.2×D1cm

FASHION BOX | 宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

SHIPSのミニ財布はポケットティッシュより一回り小さいです。
折りたたんでいる際の厚みは交通系ICカードぐらいになりました。

小銭入れに小銭を全部で15枚入れています。ボタンは止まりますが、すこしふくらんでいて厚みが増しました。

お札入れには1万円札を入れると少し見えて、どんなお札が入っているかわかるようになっていました。

カードケースには最大5枚入ります。

小銭、カード、お札を全部入れた状態での厚みは、袋に入ったアメぐらいの厚みになっています。

<実測サイズ>
タテ:7.5cm ヨコ:10cm 厚み4.5cm  広げるとタテ10cm ヨコ21cm
カードケース:タテ9.5cm ヨコ6cm
小銭入れ:タテ6cm ヨコ9.5cm マチ5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 財布本体:PVC、ポリエステル カード入れ:アルミニウム、ABS、ポリエステル
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

お財布表面はサラッとしていますが、シボが入っているので凹凸の感覚があります。約2mmの厚みがありますが、やわらかくしなやかです。SHIPSのロゴは型押しでした。
お札を入れられる内側は、少し起毛がかった柔らか素材です。

小銭入れ側は、深いシボは入っておらず、なめらかな肌触り。折り曲げられるようなしなやかさはありますが、しっかりとした厚みもあります。内側はお財布の表面の素材と同じものです。

カードケースはアルミニウムを使った硬い素材。指で弾くと、カンカンと音が鳴ります。お財布のほかの素材と比べると、金属的なことがわかります。(一番左部分)

付録の品質はどう?

ミシン目は揃っていて、歪みはなく、特に気になる点はありませんでした。市販のミニ財布に劣らないつくりかと思います。

付録を使ってみた感想は?

【お札入れ】
お札を入れてみた際に、重ねて入れると見にくいかなと思いましたが、しっかりとしているけどやわらかい素材だったので、お札止めの部分を少し曲げるだけで中身がサッと見え大丈夫でした。
開口部は広いですが。一番端の下に厚みはないので、入れる際にちょっと開けながら入れる入れやすいです。

【小銭入れ】
マチが広いのでパカッと開き、中身が一望できます。とくに不自由な点なありませんでした。

【カードケース】
今回のお財布の機能の中で、一番気になったのがカードケース。スキミング防止機能やカードがレバー一つで出てくるという高機能はどうやって使うのか詳しくご紹介します。

まず、カードは最大5枚入ります。1枚でも大丈夫です。
入れる際、この入口にいれるの?といった見るからに硬そうな入口で躊躇しました。
ちょっと入れるだけでは、押し返されるような抵抗感も感じます。ただ、気にせず押しこむと、カシャッと入るので、抵抗を感じても押しこんでみてください。

まずはカードが出てくるか実験してみました。カード入れの下にあるレバーをひっぱると、カードが飛び出てきました!

飛び出してきたカードは財布から飛び出ず、5枚が段になって止まっています。

ヨコ向きの画像でわかるように、一番外側のカードが一番飛び出ています。ここに、IC機能のあるカードを入れることで電車などに「ピッ!」と乗れるそうです。

よくわからずお財布自体を開いて使っていましたが、実際はお財布を閉めて使うので、どんな格好になるのか試してみました。

小銭入れ側と本体側とすると、本体側を上にもつと、出した時にカードが段になって出てくるので種類が一目でわかります。

IC機能があるカードは一番外側に入れ、小銭入れ側を下にしてIC機能を使うと使い勝手が良さそうです。

【重さ】
カードケースがあるので、少し重たい気がしたので重さをはかってみると99g。自宅にあった市販のミニ財布が46gだったので、およそ倍の重さです。

【匂い】
特に気になるような匂いはしませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

高機能のミニ財布はスキミング防止のカードケースもついていて、SHIPSのロゴのミニ財布は高級感もあるので「あり!」です。

小さめのお財布は、ポケットに入れたり、小さいバッグに入れたりできるのがいいですよね。
また、レバーをひくだけでカードが飛び出し使えるのは便利かなと思います。
特に一番外側に入れるカードはICカードとして取り出さずに使える点が便利ですよね。
さっと使えるか試してみたいのですが、出社などがない私は交通機関をあまり使うことがないため試すことができていません。電車やバスに乗る機会があれば、ぜひ試してみたいです。

もう1点、良いなと思ったのがスキミング防止機能。勝手にカードの情報がわかってしまうスキミング被害についての記事を最近目にしていたので防止できるのであれば、人の多い中心都市に行くときなどには、このお財布でカード情報をガードするのはいいかなと思いました。

ぜひ交通機関をよく使う人や人混みによく行く人などに、使ってみてほしいお財布です。

購入した付録つき雑誌/ムック

MonoMaster 2020年9月号
発売日:2020年7月27日(月)
出版社:宝島社
価格:1,390円

予約購入できる公式サイト「宝島CHANNEL」はこちら>>(別サイトへ移動します)