雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】otonamuse(オトナミューズ)2019年2月号 付録

購入した雑誌/ムック

<雑誌>otonaMUSE(オトナミューズ)
<発売日>2018年12月27日
<出版社>宝島社
<価格>980円

<コラボブランド>DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)

どんな付録?

2016年、2017年に続き、3回目の登場となるのが、今年で日本上陸15周年を迎える食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」とコラボしたバッグ。
ワインボトルが入るほどの大容量に加え、便利なサイドポケットや、はっ水加工が施された生地の機能性から毎年大好評。白色のデリバッグが付いた2017年2月号は25万部、黒色を付けた2018年2月号は30万部が、発売後数日で完売しました!
今年の特大デリバッグのカラーは「DEAN & DELUCA」のスタンダードカラーであるチャコールグレー。ショッピングのお供にはもちろん、デイリー用としても活用できます。
宝島オンラインより引用

大きさは?

(実寸)
高さ35cm×幅29cm×マチ15㎝
持ち手:23cm

重さ:312g

素材は?

綿、ポリエステル、PVC
臭い:内側がかなり臭います。
MADE IN CHINA


表側は、かなりしっかりしたキャンバス地です。

購入した感想は…

付録の素材/使い心地  バッグ本体
前後とサイド、サイドポケットの生地が異なり微妙なグラデーションになっています。
かなり厚手のキャンバス地で、しっかりした作りになっていて自立もできます。
白でDEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)のロゴがプリントで入っています。グレーといっても濃い目のグレーなのでロゴが目立ちます。

バッグの持ち手
表側の前面と共布です。触った感じだと芯地は入ってなさそうです。生地自体はしっかりしていますが、持ち手としてはやや頼りない厚さです。ただ同じ素材なので統一感があるところは◎

サイドトポケット
サイドのポケットにペットボトルや水筒が入るのが便利です。本体にはワインボトルも入る大容量との触れ込みですが、試しにサイドポケットに1Lのワインを入れてみましたが、この通り。きついという感じもなく、出しれもスムーズに行えるスペースがあります。

バッグ内側
内布はビニール素材です。デリバッグなので汚れが付きにくいという点はいいのですが、なんと折り目が付いたら白い傷のような感じになってしまって取れなくなりました。すでになんだか使いこんでいるような状態です。
内ポケットが1つあり、鍵や携帯などの収納によさそうです。が、パイピングはすでにほつれてしまっていました。

付録の収納力
とにかくサイズが大きい!メインバッグになり存在感も抜群です。持ち手も長く、肩掛けもできます。
かなり固いのでサブバッグとして折りたたんで持ち歩くのは無理です。
バゲット1本はだいたい70~80㎝なので、ちょうど半分くらい出る高さですね。
雑誌1冊と1Lのワインボトルを1本入れてもまだまだ余裕があります。

全体的な縫製レベル
縫製レベルは悪くはないのですが、少し縫い目の幅が大きい様に感じます。持ち手の部分が補強などされていないので、強度が心配です。
また、恐らく縫い直した個所があるのですが余分な糸は取っておいてほしいですね。

オススメポイント
市販品のDEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)のLサイズトートバッグは2,500円程度しますので、980円の雑誌の付録と考えるとお得感がありますね。
販売されているトートバッグが横長に対してこちらの付録は縦長なのでレア感もあります。

不良品について

縫製の乱れやほつれをご紹介しましたが、これは不良品で交換可能とのことでした。
otona MUSE 2月号 付録に関するお詫びと無償交換のお知らせ

お得度メーター

付録フォトギャラリー


次号予告

otonaMUSE(オトナミューズ)2019年3月号特別付録は、Deuxieme Classe (ドゥーズィエム クラス) 
こだわりの上質ミニウォレットです。