雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】MORE(モア) 2019年2月号付録

購入した雑誌/ムック

<雑誌>more(モア)
<発売日>2018年12月27日
<出版社>集英社
<価格>780円

<コラボブランド>17℃ by ブロンドール

どんな付録?

時代をモードに楽しむ足元、17℃ by ブロンドールのきれい見えダークグレイタイツです。

大きさは?

ウエスト(平置き):18㎝
股上:21cm
股下:49cm
つま先幅:7㎝

パッケージの表示サイズはM~Lとなっています。

素材は?使用成分は?

ナイロン、ポリウレタン

購入した感想は…

タイツ自体にはロゴなどはなく、全くの無地です。パッケージにはモアと17℃のコラボロゴがあります。パッケージデザインは市販品とほぼ同じです。

臭いは特になく、重さは45gです。厚手のタイツになると100g超えるものもあるので、軽い方です。
シアバター加工の表示あり。

縫製レベルは市販品程度です。複雑な作りではないので特に気になるところはありませんでした。

本体には素材タグは付いていません。前後はわかるようになっていますが、素材、サイズの詳細、洗濯表示などもありません。パッケージの裏には表示がありました。

つま先の縫製は、通常はアーチ状になっていると思いますがこちらかろうじてゆる~いカーブになっています。

間に入っている厚紙は、結構薄いです。

また、ややくしゃっと詰められていました。

カラーは使いやすいダークグレイです。

見た目は市販品にしか見えません。
50デニールということもあり、しっかりした厚さがあります。程良い厚さなのでちょっとやそっとでは伝染せず、美脚効果も期待できそうです。
ダークグレイなのでブラックよりも重くなり過ぎないのが◎ただ、色が濃いのでほこりなどが付きやすいのが難点です。
シアバター加工のおかげなのか、肌触りは本当にしっとりなめらかです。
手で伸ばしてみましたが、伸縮性には問題なく50デニールなので透け感はほぼありませんでした。

ウエストの部分も引っ張ってみましたが、特にゆるい感じもなく戻りもきちんとありますので、耐久性も特に問題なさそうです。
使い勝手もよさそうなのでデイリー使いからお出かけ用まで幅広く使えそうです。

ブラックのボトムと合わせても重たくならず、上品コーデに仕上げられます。透け感はほぼありませんが、光に当たるとほんのり透けて女性らしさを演出してくれます。

17℃ by ブロンドールの50デニールのタイツは1,000円程度で販売されています。2018年2月号のモアは780円なので、ほぼ市販品レベルのものをおまけで手に入れられるのはお得です。

お得度メーター

ほぼ市販品だし、ダークグレイは販売されていないというのも嬉しいですね。いつものモアの付録を考えるとお得感が抜群というわけではなかったので4点!

付録フォトギャラリー

次号予告

MORE(モア)2019年3月号特別付録は、ミラ オーウェンのマルチカードポーチです。