雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】BAILA(バイラ)2020年12月号《特別付録》VASIC(ヴァジック)斜めがけマルチポシェット

VASIC(ヴァジック)斜めがけマルチポシェットはどんな付録?

11月12日(木)発売のBAILA12月号は、ヨンアの表紙が目印。特別付録はVASICの斜め掛けマルチポシェットです❗️

baila_magazine|公式instagramより

一般的なスマホケースよりもひとまわり大きいサイズ感がちょうどよく、プラスアルファのアイテムまで収納できて便利。グレージュは合わせる服を選ばず、傷が目立ちにくいエンボス加工だからデイリー使いも安心。(高さ約20㎝×幅約14.5㎝ ひもの長さ約120㎝)

@BAILAより

“使える”ポイントはここ!
☑必要最低限のものを入れてお出かけできる絶妙サイズ
☑休日にも平日にも大人っぽく映えるレザー調素材
☑こだわり抜いた上品グレージュとブランドロゴ&ノットデザイン

@BAILAより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

500mlのペットボトルは頭が出ますがすっぽり入りました。最大容量も500mlペットボトル1本分です。

お出かけに必須のスマートフォン(15×7cm)はすっぽり入っています。

<実測サイズ>(約)
タテ21.5cm ヨコ15cm
ショルダーストラップ 全長117cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC合皮、ポリエステル
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ポシェット表面はシボの入った合皮素材。しっとりとしつつ、シボのボコボコ感が感じられます。しっかりとした厚みがあり高級感もあります。ロゴは箔押しでした。

内側には少しシャリっとした厚みのある裏地が施されています。

付録の品質はどう?

ミシン目は約3mmと市販品と変わらない大きさで細かく真っすぐに縫われています。糸の始末なども合わせて気になる点はありませんでした。市販品同様と言えます。

付録を使ってみた感想は?

【全体像・持った時のサイズ感】
とくにポケットなどはないシンプルなポシェットですが、合皮とグレージュの色合いで高級感があります。
身長161cmでとくに調節なしで斜め掛けすると、開口部は腰骨あたり、底部は足の付け根下になりました。ショルダーストラップの結ぶ位置で短くはできます。

【開口部】
特に何もしていない場合は、ぺたっと閉じています。ボタンなどはなく、手を入れて中身を出したり入れたりします。

【ストラップ】
本体と同じ素材で紐状に作られています。結んで留めてあるシンプルな形状です。肩から掛けてもとくに紐が痛いなどはありませんでした。

【耐荷重性】
どのくらいの負荷に耐えられる?ということで、ストラップをドアノブにひっかけて、思いっきり引っ張ってみました。かすかにミシミシという音が、ストラップを通しているバッグ本体から聞こえてきたので、すぐ離しました。あまり重いものを入れるのはおすすめでなさそうです。

【匂い】
ポシェットの外側はとくに匂いはないのですが、内側はビニールような独特な匂いがしました。嫌な感じはしませんので、匂いが取れるのを待とうと思います。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

シンプルな斜め掛けのポシェットは色合いもよく、これから使えそうなので「あり!」です。

付録を箱から出したとき「お!いい感じ!」という第一印象のこのポシェット。大人っぽい色合いでシンプルなので、どんなシーンでも活躍しそうです。ただ大きさとしてはスマホは入りますが、愛用のちょっと厚めの長財布は無理なのが残念。小さいミニ財布などを入れて使いたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

BAILA 2020年12月号
発売日:2020年11月12日(木)
出版社:集英社
価格:930円