雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】美人百花 2021年1月号≪特別付録≫OLIVIA BURTON(オリビア・バートン)のマルチガジェットケース

美人百花 2021年1月号(2020年12月11日(金)発売予定)

のふろくOLIVIA BURTON(オリビア・バートン)のマルチガジェットケースを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

OLIVIA BURTON(オリビア・バートン)のマルチガジェットケースはどんな付録?

上品な淡いピンクのボディに、シグネチャーのフローラルプリントと型押しロゴをあしらったとっても豪華なケースが完成‼

タブレットなどを収納するのにぴったりなサイズで、ガジェットはもちろん、イヤホンや充電器などの周辺機器や、鏡や手帳も入って便利♡

(本誌p.23より)

サイズ:約H19cm ×W26㎝×D2cm

(本誌p.23より)

上品なくすみピンクをベースに、華やかなフローラルプリントで、持っているだけで女子力が上がりそうなOLIVIA BURTON(オリビア・バートン)のマルチガジェットケース

タブレットだけでなく、ステーショナリーやコスメ道具を入れたりと、様々な使い方ができそうです。

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

A5サイズが入る大きさです。

サイドのポケットで大きい方には、A6サイズが入りました。小さなポケットは、スティックのりとマジックペンが入ります。

<実測サイズ>  H19cm ×W26㎝×D2cm

 

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC合皮 ポリエステル ポリエステル樹脂 亜鉛合金

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

ケース表面の素材はシボが細かく入った合皮素材です。花柄部分はプリントされています。

裏面はコットンのようなやわらか(でも少しハリあり)な薄手の素材。表面よりも、もっと落ち着いた色味のくすんだピンク色です。

ロゴはゴールドで型押しされていて、上品で高級感があります。

ガジェットケースというだけあって、表と裏の生地の間にウレタンが入っていて厚みがあります。

ファスナーはピンクゴールドのダブルファスナー。金具部分が割と大きめでつかみやすいです。

 

付録の品質はどう?

縫い目間隔は2~3㎜と、割と細かく縫製されています。

糸の始末や縫い目などは問題ありません。が、なんとなくの印象なのですが、全体的にきっちり感がないというか、まとまりが感じられません。例えば、下の写真の印部分のように、パイピングの端がなんとなく雑に始末してあったり、生地のほつれが端に飛び出ていたりする箇所がありました。

縫製の問題ではなく、生地のセレクトの問題かもしれません。中身を見ると、付録らしい作りだな、と感じます。

(ミシン目はまっすぐそろっていますが・・・↓↓)内張りのポケット生地は、薄い色のせいか生地のせいか、中に物を入れると少し透けて見えました。

 

付録を使ってみた感想は?

ガジェットケースということですが、このように、がばっと大きく180度開いてくれるので、中に物が入れやすく、見やすいです。

家にあったiPad miniを入れてみました。しかし、ちょっとminiすぎたようで、ファスナーを閉じると中身が動いてしまいます。このような小さなガジェットの場合、固定できるようなポケットかバンドがあったらよかったのにな、と感じました。

iPad miniは不安定なので、筆者が普段使っているA5サイズの手帳とメモ帳を入れてみました。

これはいい感じです。しっかりとファスナーを閉じることができ、まとめて持ち運ぶことができました。

ファスナーの開け閉めも問題なし。引っかかる箇所もありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

カバンの中のごちゃごちゃが解消できそうで「あり!◎」。

実用的なのはもちろん、ピンクの花柄なのに派手にならず、こんな風に上品で可愛らしいデザインにまとめ上げるOLIVIA BURTON(オリビア・バートン)の配色センスが素晴らしいです。

これをカバンに入れて出かければ、女子力が上がって、ふわふわのOLさん気分が味わえそう、と思いました。

購入した付録つき雑誌/美人百花 2021年1月号

誌名 美人百花 2021年1月号

出版社 角川春樹事務所

特別定価 980円(税込)

発売日 2020年12月11日(金)

買い忘れの心配なし!毎号おうちに届くお得な定期購読富士山マガジンサービスで受付中