雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【購入レビュー】mini(ミニ)2019年3月号【付録】ミルクフェド特製ロゴストラップ付きミニショルダーBAG

mini(ミニ) 2019年3月号
宝島社

定価:820円(税込)

2019年2月1日(金)発売

表紙:YURINO 須田アンナ

 

<付録>ミルクフェド特製ロゴストラップ付きミニショルダーBAG

mini(ミニ)2019年3月号の付録はミルクフェド特製ロゴストラップ付きミニショルダーBAGです。
バックポケットはスマホ入れに便利
ストラップは長さが調節できる!

mini(ミニ)│宝島社の女性ファッション誌より

サイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

縦長のミニポシェットで、目安としてはA6サイズがタテ向きで入るサイズ感です。
メインポケットは、350mlのペットボトルがすっぽりと入ります。

外側のポケットはハガキサイズ。チャックもついているので安心感もあります◎

裏側についているポケットもハガキサイズ。ティッシュやハンカチなど、咄嗟に必要なものを入れていくといいですね。

メインポケットは、350mℓのペットボトル1本、ハンドタオル2枚、長財布を収納することが出来る容量です。

<実測サイズ>

タテ・・・20cm

ヨコ・・・15.5cm

底面・・・6cm

ショルダーストラップ 最短73~最長125cm 太さ 4cm 調節可能 取り外し可能

付録に使われてる素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル PP

<製造国> MADE IN CHINA

生地の質感はどうだった?

厚みのあるしっかりしたナイロン素材です。市販のナイロン製のバッグと遜色ありません。丈夫な素材感なので気兼ねなく使うことが出来そうです。

ショルダーストラップは100均に売られている、スーツケースを留めるためのベルトのような質感。
ちょっとチープ印象はぬぐえません。封入していた時のしわは結構頑固。取れるまでには時間がかかりそうです。

縫製の完成度は?

赤いロゴはワッペンが刺繍によってつけられています。
刺繍自体は縫い目が揃っていて、とてもきれいな仕上がりです。糸の飛び出しなどもありません

バッグ自体の縫製もまっすぐきれい。ミシン目も揃っています。
市販のものと同じくらいのレベルといえそうです。

付録を使ってみた感想は?

斜めがけができるショルダーバッグなので、普段使いにとても便利です。
マチがしっかりとしているので、ペットボトルも(350mlではありますが…)入りますし、ショルダーストラップが太目なので、重い荷物を入れても肩が凝らないかも!

…と思ったのですが、細かく見ていくと、どうしても気になる点が…

1つ目はストラップをつける丸カン部分です。
ここにバッグの重みがかかるのですが、残念なことに、その肝心要の部分がプラスチック製。

2つ目はファスナーについて。
メインポケットとメッシュの外ポケットの2か所についており、どちらも開閉はスムーズです。

しかし、特にメッシュポケット部分のファスナーのツマミが持ちづらいです。
取り出し口の、かぶせの部分の幅が太めにとられているため、ツマミがすっぽりと隠れてしまいます。
更に、全体的に生地がしっかりしているので、かぶせ部分がめくり辛いのが難点に。

メインポケットの方のファスナーも、ちょうどショルダー部分にかかるため、ツマミ部分がこちらも隠れてしまう仕様になっています。メッシュポケットほどの使いづらさではないですがもうちょっとファスナーのツマミが大きかったらなぁと思う惜しいところです。

裏のポケットにスマホを入れてみました。深いので使いづらいかな、と思いましたが、ファスナーやボタンがついていないので深い方が落としにくいし、すぐに取り出せるのでとても使いやすかったです。

 

この付録、アリ?ナシ?

ファッションとしては、ショルダーのデザインもバッグのデザインも◎なので、もうちょっと使い勝手が良かったらヘビロテ間違いなしなだけに、ファスナーの開け閉めがし辛い点がとっても惜しい!
元々ファスナーを開けっ放しにするタイプの豪快な性格な方なら最適かも!?