雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

リンネル 2019年4月号《特別付録》URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ)コーデュロイ×キャンバス ベーシックをきわめたトート&ポーチ【購入開封レビュー】

URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ)コーデュロイ×キャンバス ベーシックをきわめたトート&ポーチはどんな付録?

2月20日(水)発売の『リンネル』4月号の付録は、「アーバンリサーチ ドアーズ」のトートバッグとポーチのセットです。厚みのあるコーデュロイとキャンバス生地の組み合わせのトートは、春の気分を先取りできる、スタンダードでさわやかなデザイン。ころんとしたフォルムがかわいい巾着型のポーチと一緒に使えば、普段にも、おでかけにも活躍することまちがいなしです。

コーデュロイがポイントの付録トートで春を先取り♪ 毎日持ちたいバッグ&巾着|FASHION BOXより

サイズ(約)
トート:H27×W32.5×D11.5cm
ポーチ:H18×W21×D10.5cm

2019年4月号|リンネル(Liniere) 宝島社の女性ファッション誌より

キャンバス地のトートバッグは自立するほどの厚みと丈夫さ、そして少し太めのコーデュロイをあしらった上質感が特徴。
同素材のコーデュロイ巾着ポーチもセットです。

リンネル 2019年4月号(本誌p.11より)

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

トートバッグ

横幅はA5の横サイズ同等。A4も上部5cmほどはみ出して入ります。
全面のポケット部分はA6サイズが縦に入り、上部1.5cmがはみ出します。
スマホやカードケースなど、薄手の小物が入るサイズです。

容量は2Lペットボトル2本、500mlペットボトル1本がぴったり入りました。

ポーチ

小ぶりですが底マチが大きく、A7が入ってなお余裕がありました。

容量は正方形一辺12.5cm、高さ8cmのタッパーが入って巾着部分が閉まります。

<実測サイズ>

トートバッグ:タテ27cm ヨコ33cm 底面12.8×22cm ポケット14×12.5cm
持ち手・・・全長32cm 幅3.6cm

ポーチ:タテ18cm ヨコ22cm 底面10×11.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>トートバッグ:綿、ポリエステル、ポリプロピレン
ポーチ:ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

トートバッグ

ところどころに色が混じり、ザラザラとしたキャンバス地。
手で支えなくてもへたれない、シワが残らないしっかりした生地です。
全体の裏地はありませんが、内側底面はつるつるとしたポリエステル生地が貼られています。お茶をこぼしたところ、弾いてくれました。
底面・持ち手は起毛しふわっとしたコーデュロイ生地で柔らかく、深い畝が3mm間隔であります。
持ち手裏面はサラサラとしたポリエステル地のテープが貼られています。

ポーチ

表面はトートバッグの持ち手と同じ、柔らかいコーデュロイ生地。
裏地はパリパリとしたポリエステル生地です。水分は弾いてくれますが、すぐに拭かないと染みてしまい、しっとり濡れた感触が残ってしまいます。
紐は3mmと細く、結び目から白い糸がワンポイントで見えます。

ブランドロゴのタグはどちらも、もっちり厚めの合皮生地で、ブランド名が深く刻印されており、ゴールド文字の存在感があります。

付録の品質はどう?

トートバッグ

縫い目は3mm間隔、真っ直ぐに縫われていますが、サイドのパイピング付近に一カ所、二重に縫われて糸が飛び出している部分がありました。
内部パイピングも歪みはなく、端も熱処理されています。

ポーチ

縫い目は4mm、歪みはなく真っ直ぐな縫製です。
こちらの内部パイピングも裏地ごとしっかり縫われていますが、底部のパイピング部分の端は切りっぱなしでした。

付録を使ってみた感想は?

底マチがほぼ正方形の巾着ポーチはデザートBOXやお菓子、細かい飴ちゃんなどをイン。トートバッグにはランチBOXにペットボトル、そして巾着ポーチを入れるイメージがすんなりわく、お弁当バッグに適したサイズ感です(下の画像には、巾着ポーチと財布の下にランチBOXも入っています)。
A4の雑誌や書類ケースなども、はみ出しつつも入り、持ち手に影響しない大きさなので、仕事のサブバッグとしても使えそうです。
ただしショルダー掛けとしては、薄手のフリースを着た状態でなんとか肩に入る長さのため、あまり余裕がありません。

ネイビー一色の巾着ポーチは、バッグの中に忍ばせて使いやすいサイズと色味で、どこにも持って行けるベーシックさが秀逸です。
巾着部分のしぼりも、コーデュロイ生地の引っかかりのおかげでしっかり閉じ、開くときはすぱっとシワが残らないほどスムーズなのが気持ち良いほど快適です。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

使い勝手のいいサイズ感、カジュアルシーンに合うベーシックな素材とデザインで、何を入れようか考えるのが楽しみな付録です。トートバッグは一般的なランチバッグに高さをプラスしたサイズで、ランチBOXはもちろん、友だちの家に行くときなど、飲物持って来て! と言われたら問題なく2Lペットボトル×2を持参できる容量と丈夫さがうれしい。
そして底マチの大きい巾着ポーチは、汎用性の高いデザインとサイズが最高です。
あえて難点をあげるとすれば、暖かみのあるコーデュロイの質感のため、夏は使えるかな? ネイビーだからマリンと言い張っていけるかな? というところぐらいです。

購入した付録つき雑誌/ムック

リンネル 2019年4月号
宝島社

特別定価:

980円(税込)

2019年2月20日(水)発売

表紙: 麻生久美子

お求めは全国の書店・コンビニにて

JANコード:4910193070499

2019年4月号|リンネル(Liniere) 宝島社の女性ファッション誌より

次号予告

リンネル 2019年5月号
宝島社
発売日:2019年3月20日(水)

《特別付録》Moomin×marble SUD(ムーミン×マーブルシュッド)
花とムーミンの北欧バッグとふっくらポーチ