雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

Men’s JOKER 2019年3月号<付録>BEAMS特大トートバッグ【購入開封レビュー】

 

BEAMS特大トートバッグ

高級感のある光沢ナイロン
[サイズ] タテ335×ヨコ440×マチ88mm
ハンドル部620mm

Men’s JOKER 2019年3月号(本誌表紙より)

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B4サイズが横向きに入ります。
2Lペットボトルが4本並んで入る容量です。
8kg入った状態で持ち上げると、持ち手の縫い付け部分がつれるので、強度の面ではこの重さが限界のようです。

<実測サイズ>

タテ32.5cm ヨコ44cm 底面8.7cm×36cm(パイピング除く外寸)

持ち手・・・全長64cm 幅2.6cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC、ポリエステル

MADE IN CHINA

付録実物を見た、触った感想は?

表地はつるつるとしたなかに織り目を指で感じる手触り。光沢感のあるポリエステル生地です。
反して内側はマットで光を反射しない、触れるとしっとりとした生地。
ロゴマークと持ち手、外側底部のパイピング生地は細かいシボ加工がされた合皮で、裏面はラメのように輝くポリエステルが貼られています。
内部のパイピングは不織布の黒い生地です。
持ち手に伸縮性はありません。

 

付録の品質はどう?

開封してすぐに目についてしまった表面の傷と、折りじわからくる内部の白い跡は消えなさそうです。
また、持ち手に入った深い折りじわも消えそうにありません。
ロゴマークや持ち手、表地のパイピングは切りっぱなしです。

付録を使ってみた感想は?

持ち手は十分に肩掛けできる長さなので、両手が空くデザインなのはうれしいです。
見る角度によって明るさが変わる光沢感とネイビーの大人っぽさも、男女兼用できるカラーリング。
しかし、この光沢感によって表面の傷が目立ってしまっています。
下部のパイピングの切りっぱなしと、内部の黒いパイピングが少し飛び出しており、外側から見えてしまうのも気になります。

この付録、アリ?ナシ?

ナシ

持ち手の長さや容量など、使いやすいデザインのバッグですが、傷が付きやすい生地の質や縫製、細部の処理の難点が大きすぎて、残念ですが実用したいとは思えず。細部のアラは目をつぶるので、せめて表面の傷が目立たなければ……。

購入した付録つき雑誌/ムック

Men’s JOKER 2019年3月号
株式会社ベストセラーズ
価格:980円(税込)