雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)2019年6月号《特別付録》BCロゴストライプ 三つ折りウォレット【開封購入レビュー】

BCロゴストライプ三つ折りウォレットはどんな付録?

今月は付録職人の英知(大げさ)が詰まった、ファスナーポケット付きウォレット。
控えめなロゴデザインで、ツーリングやふだん使いにもオススメだ。

バイシクルニュース:【新刊】バイシクルクラブ6月号、4/20(土)発売!」|BiCYCLE CLUBより

財布の表面には「BiCYCLE CLUB」のロゴ入り。

中はお札やカードを入れる仕切りと小銭入れ付きです。お財布と小銭入れの開閉は面ファスナー(マジックテープ)、お札入れ2ヶ所のうち1ヶ所はチャック付きです。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

3つ折りにした状態はA6ノートサイズ程度。横幅はA6よりやや短いです。

カード入れは、1ヶ所あたり交通系ICカード程度の厚みのものが3枚入ります。幅が大きめなので、ICカードより横長のポイントカード(横幅9×高さ5.5cm)も入れることが可能です。

小銭入れには500円玉を20枚収納することができました。追加でもう10枚くらい入りそうなゆとりがあります。

札入れは紙幣を入れてもふた回りほど余裕のあるサイズ感。内寸がタテ10×ヨコ20cm(ファスナー付き札入れはタテ10.5×ヨコ20cm)あるので、お札より大きいチケットなども収納できます。

<実測サイズ>
タテ10×ヨコ13.5×厚み1.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、PVC、紙

<製造国> 中国

付録素材を見た、触れた感じは?

表地はざっくりとした大きな織り目のポリエステルです。ツルツルとした手触りでマットな質感ですが、「BiCYCLE CLUB」のロゴのプリント部分のみ光沢があります。

中に紙の芯材が入っているため、財布に力を加えるとコシを感じました。

裏地も表地同様ポリエステルですが、こちらは細かい織り目の生地。裏にPVCコーティングがされているため、薄手の生地の割に丈夫さを感じます。触り心地は柔らかいです。少しPVC特有の刺激臭を感じました。

付録の品質はどう?

パイピングの縫い目幅は、パッと見ただけでも大きいとわかるサイズ感。測ってみると5mmと既製品よりかなり大きめです。財布の各ポケットは3mmと既製品並みの縫い目幅だったので、余計に目立ちました。

パイピングは縫い目幅が大きい割に、角の縫製はきれいに始末されていました。

パイピングの端はヒートカット仕様ですが、カットしきれず少し毛羽立ちが残っています。

財布の各ポケットは、ところどころ糸がカットされていない箇所がありました。 

付録を使ってみた感想は?

・札入れ

紙幣に対して内寸にゆとりがあり開口部が大きく開くので、紙幣の取り出しがしやすいです。ファスナーの動きもスムーズなのでストレスがありません。札入れが2つあるので、仕分けできるのも機能として魅力的。チャック付きだと中身が落ちないのも良かったです。

・小銭入れ

マチ付きで収納力があるのは良い点です。しかし小銭がたくさん入る仕様にも関わらず、思ったより開口部が大きく開かないため、大量に入れると取り出しにくいのが惜しい。正直ファスナー付き札入れに小銭を入れたほうが、必要な硬貨が見やすいため使いやすく感じてしまいました。

・財布全体

財布の芯材が薄手なので、開閉が面ファスナーだと耐久性が少し心配。面ファスナーはフタをやや折り曲げるような状態で開けるため、何回も開け閉めすることでへたってしまいそうな気がしました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

個人的には「開け閉めも楽・小銭がこぼれる心配もない・必要な硬貨が探しやすい」と、使いやすさの3拍子揃っているファスナー付き札入れが大ヒット。

落としたくないもの(現金)はファスナーのあるほうに、レシートなどはファスナーのないほうにと分けて使いたいです。

購入した付録つき雑誌/ムック

BiCYCLE CLUB 2019年6月号

発売日:2019年4月20日(土)
価格:980円
枻出版社