雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

美人百花 2019年7月号《特別付録》Cocoonist(コクーニスト)のマルチ巾着ポーチ【購入開封レビュー】

Cocoonist(コクーニスト)のマルチ巾着ポーチはどんな付録?

読者のみなさまからの「シンプルで大人可愛い見た目で、たくさんコスメが入るポーチがほしい!」というご要望を叶えた自信作です🥺💕 美人百花さん(@bijinhyakka) • Instagram写真と動画より

「荷物を可愛くスマートに収納できる優れもの!コスメを入れたりガジェットを入れたり便利なポーチとして活躍させて。浴衣バッグにするのもおすすめ。(本誌P.30 より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

巾着をしめて使用する場合:ペンやボールペンがタテ向きに入るサイズ。

巾着をしめない場合:B6サイズがタテ向きに収納可能。

【最大容量】

巾着をしめて使用する場合:くるくる丸めたフェイスタオルが1枚収納できました。

巾着をしめない場合:くるくる丸めたフェイスタオル+ハンドタオル2枚が収容可能。

 

<実測サイズ>

紺色のポーチ:タテ21cm ヨコ19cm マチ10cm

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> ポリエステル

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

目地が細かく、光沢があるサテン生地。すべらかで、なめらかな触り心地。

ポーチの巾着より下の部分は、触るとシャカシャカとした音がするポリエステル素材の裏地付き。

裏地との間に綿もしくはスポンジがはいっており、厚みと弾力がありました。

開封時だけ、ポーチから酸っぱい臭いがしました。開封から1時間ほどでほぼ無臭に。

付録の品質はどう?

縫い目幅に関しては、約3mmで既製品と遜色ありません。

二重に縫われてたり、折り目で生地が傷んでいる部分がありました。

裏側は、縫い目の糸がぐちゃぐちゃになっている部分があります。

 

縫製に関しては雑で付録らしさを感じました。他に気になるゆがみやズレなどはありませんでした。

 

付録を使ってみた感想は?

自立する

生地が厚手で、ハリががあるため物を入れていない状態でも自立します。また物を沢山いれてもポーチの形が変形しませんでした。

マチを畳めばコンパクトに。

 

巾着の隙間

巾着なので、しっかりしめてもえんぴつ1本分程度のわずか隙間ができてしまいます。

紐で強く縛り、きっちり結べばスキマはできませんでした。

ペンを5本いれた巾着をきつくちょうちょ結びした状態で、逆さまにしてシェイクすること20回。

隙間が空いたり、ペンが落ちたりすることはありませんでした。

紐がツルツルとしているため滑りやすく、かつループエンドの重みでちょうちょ結びがほどけかかっていました。

開口部

大きく開ける開口部は、中に何が入っているか探しやすくて◎

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

縫製は付録クオリティですが、厚地で弾力があるので、総合的にはお値段以上だと感じました。

自立するから、ブラシやヘアスプレー入れにしようか、それとも弾力性があるから充電器やモバイルバッテリーなど傷や衝撃から守りたいものを入れるか、悩んでいます。

細いものだと結んでいた紐が持ち運び中にほどけて、ポーチの中身がでてきたらショックなので、扱いが雑な私はやめておこう思います。

シンプルかつ高級感たっぷりでお気に入りです。

購入した付録つき雑誌/ムック

美人百花 2019年7月号

発売日:2019年6月12日(水)
角川春樹事務所