雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】MonoMax(モノマックス)2019年8月号《特別付録》ビームス ライツのボストンバッグ

2019年7月9日(火)発売のMonoMax2019年8月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。。

ビームス ライツのボストンバッグはどんな付録?

高級感ある見た目なのに軽くて水に強い!
旅行にも出張にも役立つボストンバッグ!

宝島チャンネルより

届いた箱のサイズは、A4ヨコサイズよりやや縦長の変形サイズ。

 

バッグは6つ折りされた状態で、ギュウギュウに梱包されていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグはA4ノートが見開きで入る、A3ヨコ相当のサイズ感です。

最大容量は1.5Lペットボトル10本分です。

<実測サイズ>
タテ33×ヨコ46×底面15.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表はシワ加工入りの合皮。厚みは1mm弱で、つるっとしていて柔らかな質感です。落ち着いた光沢があります。ブランドロゴは銀の型押しです。

裏地はありませんが、合皮の裏側は毛の短い起毛生地になっていてふわっとした肌ざわりでした。バッグ内はPVC特有の刺激臭があります。

バッグに水を垂らして見たところ、水滴が玉状になりしっかり弾きました。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は既製品よりやや大きめで、1箇所糸の飛び出しがみられたものの変形や縫製の乱れなどの縫製不良はありません。かなりきれいな仕上がりでした。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
身長161cmの私が肩にかけると、開口部がバストトップにくる長さでした。持ち手は柔らかいので身体になじみやすく、丸い形状で肩にへの当たりも柔らかなのが良かったです。

・ファスナー
ファスナーは軽い力で開閉でき、噛み込みもなくスムーズで使いやすいです。

・ベルト
私物の30Lスーツケースの持ち手(幅15.5cm)に通してみたところ、少しゆとりがありました。余裕があるとセッティングは楽な反面安定しにくいので、もう少しぴったりめのほうが良かったです。

・耐荷重
バッグに突っ張りなく持てる重さは3kgまででした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

付録とは思えない上質な印象のボストンバッグで、今までみてきた付録ボストンバッグの中では私史上No.1!ビジネスシーンでも違和感なく持てるデザインなのがさらに嬉しいです。メンズライクなデザインではあるけれど、私は全然アリなデザインなので普通に使っちゃいます。

以上、MonoMax(モノマックス)2019年8月号《特別付録》ビームス ライツのボストンバッグのご紹介でした。

MonoMax 2019年8月号

発売日:2019年7月9日(火)
価格:980円
宝島社